「ぷらら」申込み時の分からない単語

元カスタマーサービス担当勤続3年「maru」のインターネットプロバイダ比較WEBお問合せフォーム

「ぷらら」申込み時の分からない単語

「ぷらら」申込み時の分からない単語

【Bフレッツ】
光ファイバーを用いたベストエフォート型の通信サービスです。
上りも下りも最大100Mbpsの超高速通信となり、映画配信、音楽配信もストレスを感じることなく接続できます。
Bフレッツを利用する時は、別にNTTへの申し込みと毎月の利用料金が必要です。

【FLET'S光】
申込みやお支払いがぷららだけでできる「ぷらら光パック with フレッツ」のパックメニューと、NTT東西会社とぷららへそれぞれに申し込んで、支払いをする「ぷらら光セット」のセットメニューがあります。

【LAN】
より対線や同軸ケーブル、光ファイバーなどを使って、同じ建物の中にあるコンピュータやプリンタなどを接続し、データをやり取りするネットワークです。
接続形態によってスター型LAN、リング型LAN、バス型LANなどの種類があります。

【VDSL】
xDSLの一つで、1対の電話線を使って通信します。
ADSLと同じ非対称速度型で、利用者側は電話線を用意するだけでよく、経路の一部に光ファイバーを利用します。

【PAN】
ケーブルモデムから出力されたイーサネット信号をスイッチングHUBで必要な数だけ振り分けます。
振り分けられた信号は、電話の音声信号よりもはるかに高い周波数に乗せられて電話線に重畳され、各世帯へ送られ電話のモジュラージャックにイーサ信号を復調するアダプターを通してパソコンへ接続します。

【ひかり電話】
NTT東西が提供するIP電話サービスで、電話加入権がなくても使え、もちろん現在使っている電話機や電話番号もそのまま使えます。

【IP電話】
電話をかける相手との間の通信経路を、インターネットで使用されているIPプロトコルベースで構築した電話ネットワークのことです。
途中のネットワークが通信事業者内のネットワークなのかインターネットを経由するのか、電話機を使うのかパソコンを使うのかなど、IP電話と呼ばれるサービスの中でもサービス間の違いは多いようです。
IP電話同士なら通話料は無料、そうでなくても全国一律の料金で通話ができます

【ADSL】
AsymmetricDigital SubscriberLine(非対称デジタル加入者回線)の略で、アナログ回線やISDN回線などに比べて高速な回線速度を提供できるサービスです。
電話とテータ通信も同時に行なえるので、電話は電話として、データ通信はデータ通信として同時に使用できることになります。

【ダイヤルアップ】
電話回線やISDN回線などの公衆回線を通じてインターネットや社内LANに接続することです。
一般家庭からインターネットに接続する場合、パソコンにモデムやターミナルアダプタなどの機器を接続し、インターネットサービスプロバイダと呼ばれる業者に公衆回線を通じてダイヤルアップして、業者の保有する専用線を使ってインターネットに接続します。

【フレッツ・ADSL接続】
NTTのADSL通信回線を利用して、高速なインターネット接続を実現するサービスです。
月々定額で利用でき、IP電話やアプリケーションサービスの利用も可能となります。

【フリーチケット】
セット契約をされた場合は、「ぷらら」の提供するお好みオプションサービスのうち、フリーチケット適用サービスがフリーチケットの金額の範囲なら実質無料で利用できるお得な仕組みです。
この「フリーチケット」を使うのに特別な申込み等は必要なく、毎月の利用料金の金額から自動的に精算されます。

【メールプラス1】
メール関連の各種サービスを集めたサービスカテゴリの総称で、メールウィルスチェックサービスや複数メールサービスなどの多彩な付加サービスが利用できます。



【コミュニティプラス1】
コミュニティ関連の各種サービスを集めたサービスカテゴリの総称で、Pet PagerやPe-cha♪などの多彩な付加サービスが利用できます。

【エトセプラス1】
接続関連の各種サービスを集めたサービスカテゴリの総称で、ストレージサービス、ダイナッミックDNSを始めとする多彩なサービスが利用できます。

【プライベートホームページ】
自分専用のホームページが持てるサービスです。
容量は5MB単位で最大100MBまで拡張可能となり、自作CGIや、定型CGIが利用できます。

【Plala.TV on 4th MEDIA】
ぷららのBフレッツ/フレッツ・ADSL接続サービスを利用している個人会員の人がBフレッツ回線を利用して配信されるテレビ番組やビデオ作品を、ご家庭のテレビで楽しむことができるサービスです。

【回線タイプ】
電話共用タイプと回線専用タイプがあり、電話回線を利用したインターネット接続サービスの場合選択の必要があります。

【ADSLモデム】
コンピュータをADSL回線に接続する際に必要になる信号変換機です。
電話回線でデータ通信を行なうときに使うモデムに役割が似ているので、このように呼ばれるようになりました。
公衆回線網を通じて送られてくるADSL信号をEthernet(10BASE-T)の信号に変換したり、その逆を行ないます。
ADSLモデムとコンピュータの間はEthernet LANでつながれており、本国内ではADSLの規格は各社ごとに異なるため、現在は各キャリアが自社規格に対応したADSLモデムをレンタルしています。
一部のキャリアではADSLモデムの売り切りも受け付けていますが、キャリアを変更した場合や設置地点を変更した場合には同じADSLモデムでは利用できないことがあるので注意が必要です。

【ワイヤレスタイプ】
モデムからPCまでの通信方法のひとつで、無線による通信を実現します。 【Bフレッツ】
NTTが提供する光ファイバー回線を使用した、超高速インターネット接続をはじめとするサービスのことです。

【VDSL】
主に電話回線を利用したインターネット通信網のことです。
ADSLより早い通信速度を出すことが可能ですが、長距離のデータ通信に向いていないためあまり用いられていません。

【LAN】
モデムなどのインターネットの末端から、個人のPCまでをつなぐネットワークのことです。

【PNA】
家庭用電話回線をそのまま利用するインターネット接続方法のことです。
新たな配線工事及び配管工事はいらないのでコストは低く、電話とデータを同時に伝送する事が可能となり、混信の恐れはないものとなります。

【ワイヤレスタイプ】
モデムからPCまでの通信方法のひとつで、無線による通信を実現します。

【ぷららフォン for フレッツ】
プロバイダ「ぷらら」がフレッツサービスの一部として提供するIP電話サービスのことです。

【Plala.TV on 4th MEDIA】
プロバイダ「ぷらら」が提供する光ファイバー回線など、通信速度の大きい回線を利用したテレビプログラムサービスのことです。
 宅内工事はめんどくさい。
 ADSLで比較するなら
 断然早い
 光サービスで比較するなら
 テレビも一緒に楽しみたい!
 ケーブルから選ぶなら
 みんなはどこを選んでるの?
 人気ランキングで選ぶなら
 電話が繋がらないのは困る
 サポート充実なプロバイダは
 何よりも早さを追求!
 回線速度で選ぶなら
 オトクなところがイイ!
 お得な料金で選ぶなら
 独占配信映像が観たい!
 コンテンツで選ぶなら
 今からじゃ心配
 高齢者の方は
 親切丁寧に対応
 ネット初心者のアナタは
 電話加入権がない・・・
 なくても大丈夫!
 ウィルスって何?
 セキュリティで比較
 とにかく安い方がいい!
 最安を選ぶ
 
住宅ローン