「BIGLOBE」申込み時のわからない単語

元カスタマーサービス担当勤続3年「maru」のインターネットプロバイダ比較WEBお問合せフォーム

「BIGLOBE」申込み時のわからない単語

「BIGLOBE」申込み時の分からない単語

【光ファイバー】
通信速度が下り速度/上り速度ともに最大100Mbpsの高速サービスです。
光ファイバーの速度は、下り速度の場合、ADSLに比べて約2倍~100倍、上り速度の場合、約30倍~100倍となり、写真をホームページ上に掲載したり、メールを送信するのが だんぜん速くなります
また、ADSLの場合は自宅とNTT局舎の距離が遠い程、速度が低下しますが、光ファイバーは距離に関係ありません。
ただし、利用環境、宅内配線、回線の混雑状況などにより通信速度が低下します。

【上り速度】
利用者からインターネットへの情報の発信(アップロード)する場合の速度です。

【下り速度】
利用者から情報を取得(ダウンロード)する場合の速度です。

【ADSL】
AsymmetricDigital SubscriberLine(非対称デジタル加入者回線)の略で、アナログ回線やISDN回線などに比べて高速な回線速度を提供できるサービスとなり、電話とテータ通信も同時に行なえるものとなります。
これは、電話の音声を伝えるには使わない高い周波数帯を使ってデータ通信を行なうため、電話は電話として、データ通信はデータ通信として同時に使用できることになるのです。

【アナログ回線】
アナログ信号で音声やデータを送受信する回線のことです。
一般的には電話回線、昔から使用されている「黒電話の電話回線」をイメージするとわかりやすく、全てのやり取りをデジタルデータ化して送受信するデジタル回線の一種のISDN回線と対比されて使用されます。

【ISDN】
音声やFAX、データ通信を統合して扱うデジタル通信網のことです。

【デジタル回線】
音声がデジタル信号に変換されて回線を伝わって行くという回線です。
データをデジタル信号で扱うため、音声に雑音が入らずきれいに聞こえるという利点があり、また、1 つの回線で同時に 2 回線分を使用することができるため、インターネットに接続中でも電話や FAX を使用することができます。

【IP電話】
インターネット回線を使用した電話サービスのことです。
同じIP電話同士であるなら、24時間話していても「無料」となり、そうでなくても全国一律で低料金で通話を楽しむことができるというものです。

【ADSLモデム】
コンピュータをADSL回線に接続する際に必要になる信号変換機です。
電話回線でデータ通信を行なうときに使うモデムに役割が似ていることから、 このように呼ばれるようになりました。
現在は各キャリアが自社規格に対応したADSLモデムをレンタルしており、一部のキャリアではADSLモデムの売り切りも受け付けていますが、キャリアを変更した場合や設置地点を変更した場合には、同じADSLモデムでは利用できないことがあるので注意が必要です。

【電話共有タイプ】
現在利用している電話回線をそのまま利用してインターネットに接続するタイプです。
インターネットを利用しながら同時に電話(FAX)も利用でき、現在の回線を利用するので面倒な工事は必要ありません

【回線専用タイプ】
現在利用している電話回線とは別に(もしくは持っていない場合は新規に)、インターネット専用の電話回線を設置するタイプです。
NTTの電話加入権は不要ですが、インターネット専用となるため通常の電話としては利用できません

【BIGLOBE TVフォン】
専用のIPテレビ電話端末で利用する映像つきIP電話サービスで、高速のフレッツ回線を利用して、高画質・高音質のテレビ電話通話が可能となります。
BIGLOBE TVフォン(PN)を利用して、IPテレビ電話端末同士の通話では、相手の顔を見ながら通話ができますが、通話相手がIPテレビ電話端末を使用していない場合、音声のみの通話となります。
IPテレビ電話端末同士の通話でも、自分の映像を送信しないようにすることもできます。
BIGLOBE TVフォン(PN)では、IPテレビ電話端末以外にも一般固定電話や携帯電話、PHSや国際電話にも音声通話ができますが、110や119、0120で始まる番号など、一部の電話番号には通話ができません

【BIGLOBE.TV on 4th MEDIA】 
BIGLOBE.TV on 4th MEDIAはBIGLOBEのBフレッツ接続サービスを利用している個人会員の人が、>Bフレッツ回線を利用して配信されるテレビ番組やビデオ作品を、ご家庭のテレビで楽しむことができるサービスです。

【Bフレッツ】
NTTが提供する光ファイバー回線を使用した、超高速インターネット接続をはじめとするサービスのことです。
通信速度は、利用者の利用環境、宅内配線、回線の混雑状況などにより通信速度が低下することもあります。

【お約束割】
2年間継続しての利用を約束することで、月額基本料金が標準料金よりお得になるというサービスです。
お約束割でのBIGLOBE月額利用料の合計金額は、「BIGLOBE光 with フレッツ」月額料金と同じです。

【ひかり電話】
NTT東西が提供するIP電話サービスです。 電話機や電話番号もそのまま使え、電話加入権がなくても使えます。
一般加入電話や直収電話(メタルプラスやおとくラインなど)の多くは距離によって料金が変わりますが、ひかり電話なら国内は全国一律で8.4円(税込)/3分なので、一般加入電話よりも基本料がお得です。

【回線事業者】
電話回線やISDN回線などの公衆回線を通じて、必要なときだけインターネットに接続する方式です。 
「NTT東日本/西日本」や「アッカ・ネットワークス」などが回線事業者に当たり、BIGLOBEはこれらの事業者からADSL回線や光ファイバー回線の供給を受け、お客様へサービスを提供しています。

【ダイヤルアップIP接続】
電話回線やISDN回線などの公衆回線を通じて、必要なときだけインターネットに接続する方式のことです。
BIGLOBEが用意するアクセスポイントに電話をかけて利用することになり、一般的にBIGLOBEへの接続料金の他、別途電話料金が発生します。
ダイアルアップIP接続をする場合は、モデムまたはターミナルアダプタ(ISDNの倍)と呼ばれる機器が必要となります。

【ルーター】
インターネット回線を複数のPCで利用する際に使用するネットワーク機器のことです。
OSI参照モデルでいうネットワーク層(第3層)やトランスポート層(第4層)の一部のプロトコルを解析して転送を行ない、ネットワーク層のアドレスを見て、どの経路を通して転送すべきかを判断する経路選択機能を持ちます。
また、自分の対応しているプロトコル以外のデータはすべて破棄します。

【お申し込み速度タイプ】
通信速度の単位の一つで、1秒間に何百万ビットのデータを送れるかを表す値です。
1Mbpsは100万bps(=1000kbps)で、1秒間に100万(=10の6乗)ビットのデータを送れることを表します。
8ビットで1バイトなので、1Mbpsは125kbytes/s(キロバイト毎秒)に相当し、1Mbpsを2の20乗倍の約105万bpsとする場合もありますが、大抵の場合は100万bpsの意味となります。

【マイラインプラスセット割引】
フレッツ・ADSL、フレッツ・ISDNをご利用の電話回線において、電話会社固定サービス「マイラインプラス」で「市内通話」「同一県内市外通話」の両区分をNTT西日本に登録している場合、月額利用料を10%割引するというサービスです。

【回線タイプ】
電話共用タイプと回線専用タイプがあり、電話回線を利用したインターネット接続サービスの場合選択の必要があります

【フレッツ・あっと割引】
フレッツ・光プレミアム、Bフレッツ、フレッツ・ADSLの利用者で、2年間の継続利用を条件に月額利用料を10%割引になるというサービスです。
 宅内工事はめんどくさい。
 ADSLで比較するなら
 断然早い
 光サービスで比較するなら
 テレビも一緒に楽しみたい!
 ケーブルから選ぶなら
 みんなはどこを選んでるの?
 人気ランキングで選ぶなら
 電話が繋がらないのは困る
 サポート充実なプロバイダは
 何よりも早さを追求!
 回線速度で選ぶなら
 オトクなところがイイ!
 お得な料金で選ぶなら
 独占配信映像が観たい!
 コンテンツで選ぶなら
 今からじゃ心配
 高齢者の方は
 親切丁寧に対応
 ネット初心者のアナタは
 電話加入権がない・・・
 なくても大丈夫!
 ウィルスって何?
 セキュリティで比較
 とにかく安い方がいい!
 最安を選ぶ
 
住宅ローン