プロバイダとは

元カスタマーサービス担当勤続3年「maru」のインターネットプロバイダ比較WEBお問合せフォーム

プロバイダとは

インターネットというのは、今の時代必要不可欠なものとなっています。

一昔前は、懸賞の応募をはじめ、ほとんどが「電話」や「ハガキ」というのが主流だったでしょう。
しかし、今では、ハガキを買いに行く時間も省くことができ、なおかつ人と話すことが苦手な人は、パソコンがあれば誰と話すこともなくいろんな応募もできるようになりました。

また、それ以上にインターネットというのは「情報収集」に威力を発揮します。

ただ、そんな便利なインターネットでも、まず最初にプロバイダと契約しなければなりませんが、「プロバイダ」というのは、インターネットに接続するサービスを提供してくれる会社のことで、正式には「インターネット・サービス・プロバイダ」といいます。

あまりインターネットが知られていなかった昔は、プロバイダ自体も数が少なかったので、選ぶにもそこまで悩むことがなかったのですが、現在では全国に数百以上ものプロバイダがあるため、自分に合ったプロバイダを選ぶのはなかなか大変なこととなっています。

このプロバイダ選びを失敗すると、快適なネットライフを送ることはまずできません

本来はパソコンを買った時点でインターネットに接続できる状態になっていればいいのですが、そうじゃないんですよね(苦笑)

ではココで、インターネットとプロバイダの関係(?)についてお話したいと思います。

インターネットにつなぐためには、プロバイダのコンピュータを使わせてもらう必要があります

それは、プロバイダのコンピュータは、二十四時間インターネットに接続された状態に設定してあるため、自分のパソコンがプロバイダのコンピュータとつながれば、インターネットに接続する・・・というシステムになっているのです。

プロバイダのコンピュータにつなぐ方法は、普通は端末ダイアルアップといわれている「電話回線」を使います

プロバイダが電話の接続地点(アクセスポイントっていうんですよ)を用意してくれているので、そこに電話をかけてつなぐのです

意味がわからない?

そうですよね。maruもプロバイダ会社に入社したころは、この「ダイアルアップ」だの「ADSL回線」だの「光」だのを覚える必要があって、すごく苦労しました(涙)

しかも次々新しいプランや技術などが取り込まれたり、カスタマーサービス担当だったので、利用者からの質問などに明確に答える必要があったため、必ず覚えなければいけない内容ばかりでいつも頭の中は飽和状態だったのを今でもよ~く覚えています(笑)

インターネットには二つの料金が必要となるのですが、それは、一つはプロバイダに支払う接続料金で(プロバイダのコンピュータの使用料みたいなもん)、もう一つがアクセスポイントまでの電話代となり、電話会社に支払うものとなります。(NTT基本料金と請求書には書いてあると思います)
 宅内工事はめんどくさい。
 ADSLで比較するなら
 断然早い
 光サービスで比較するなら
 テレビも一緒に楽しみたい!
 ケーブルから選ぶなら
 みんなはどこを選んでるの?
 人気ランキングで選ぶなら
 電話が繋がらないのは困る
 サポート充実なプロバイダは
 何よりも早さを追求!
 回線速度で選ぶなら
 オトクなところがイイ!
 お得な料金で選ぶなら
 独占配信映像が観たい!
 コンテンツで選ぶなら
 今からじゃ心配
 高齢者の方は
 親切丁寧に対応
 ネット初心者のアナタは
 電話加入権がない・・・
 なくても大丈夫!
 ウィルスって何?
 セキュリティで比較
 とにかく安い方がいい!
 最安を選ぶ
 
住宅ローン