プロバイダ申込み時に分からない単語解説

元カスタマーサービス担当勤続3年「maru」のインターネットプロバイダ比較WEBお問合せフォーム

プロバイダ申込み時に分からない単語解説」の目次です


 宅内工事はめんどくさい。
 ADSLで比較するなら
 断然早い
 光サービスで比較するなら
 テレビも一緒に楽しみたい!
 ケーブルから選ぶなら
 みんなはどこを選んでるの?
 人気ランキングで選ぶなら
 電話が繋がらないのは困る
 サポート充実なプロバイダは
 何よりも早さを追求!
 回線速度で選ぶなら
 オトクなところがイイ!
 お得な料金で選ぶなら
 独占配信映像が観たい!
 コンテンツで選ぶなら
 今からじゃ心配
 高齢者の方は
 親切丁寧に対応
 ネット初心者のアナタは
 電話加入権がない・・・
 なくても大丈夫!
 ウィルスって何?
 セキュリティで比較
 とにかく安い方がいい!
 最安を選ぶ

「Yahoo! BB」申込み時の分からない単語

「Yahoo! BB」申込み時の分からない単語

【BBTVマガジン Paper View】
BBTVを十分に楽しみ活用するために必要なお役立ち情報が満載の専門情報誌のことです。
番組表、おすすめ番組、新着ビデオの紹介、連載コラム、プレゼント情報などの情報がギュッと詰まった情報誌となります。

【無線LANパック】
電波を使って情報をやりとりするネットワークのことです。パソコンとADSLならモデム、光サービスなら光BBユニットをつなぐケーブル(コード線)が必要なくなります。
インターネットに無線(コードレス)で接続できるため、場所を選ぶことなくインターネットが楽しめます。

【無線TVパック】
パソコンにテレビチューナーがなくても、テレビを見たり録画ができる便利なサービスのことです。
インターネットショッピングなどをしながら、好きなテレビ番組を「見る」「録画する」など、インターネットライフを楽しむことが可能です。

【BBセキュリティ powered by Symantec】
シマンテック社の技術を用いた総合セキュリティサービスです。
怖いコンピュータウイルス対策だけじゃなく、ハッカーや迷惑メールなどの被害を防ぎます。
また、有害サイトの閲覧を制御できるのでお子様がいても安心です。

【BBフォンオプションパック】
「携帯割30」と「番号表示サービス」と「転送電話サービス」の3つのサービスがついたものです。

【BBソフト+BBホーム】
BBソフト
最新のプログラム配信技術と高速ブロードバンド環境により実現することができたソフト提供サービスです。
インターネット上で管理されているソフトを提供しているので、お使いのパソコンでのメンテナンスは不要となり、いつでも最新バージョンを利用することが可能です。

BBホーム
BBソフトで提供される、家庭で役立つ様々な機能を持った統合ソフトとなります。
例えば、家族の写真整理やハガキ作成などができるものです。

【BBグルメ】
カードを提示するだけで、全国約2,600店舗の飲食店で何度でも20%OFF相当の割引を受けることができる会員制グルメ割引サービスとなります。(月々157円(税込))

【おまかせINS乗り換えコース】
簡単&迅速にISDN回線からアナログ回線への変更ができるサービスです。

「KDDIメタルプラス」申込み時の分からない単語

「KDDIメタルプラス」申込み時の分からない単語

【無線LAN】
電波を使って情報をやりとりするネットワークのことです。
インターネットに無線(コードレス)で接続できるため、モデムの場所を選ぶことなく、どの部屋からもインターネットが楽しめます。

【無線LANレンタルサービス】
デスクトップでも、ノートでも、自分が持っているパソコンに対応する無線LAN機器を貸してもらうことができるサービスのことです。
インターネットショッピングなどをしながら、好きなテレビ番組を「見る」「録画する」など、インターネットライフを楽しむことが可能です。

【DION公衆無線LANサービス】
家庭やオフィスで使う無線LANとは違う工夫がこらしてあるもので、(1)セキュリティ対策,(2)ユーザー認証,(3)パソコンに割り当てるIPアドレスの種類,(4)インターネットへの接続経路,(5)アクセス・ポイント共用で電波を節約する・・・といった特徴を持っています。

【KDDIまとめて割引】
回線ごとの月額基本料の割引と、DION、マイライン (0077国内電話、001国際電話、0077携帯宛電話等)、マルチマッチングBBの請求額が発生した場合、最大105円 (税込)/請求を割引されるというものです。

【固定電話マイライン】
あらかじめ利用になる電話会社を登録することにより、通話の際に電話会社の識別番号をダイヤルすることなく、その電話会社を利用することができるサービスです。

「So-net」申込み時の分からない単語

「So-net」申込み時の分からない単語

【無線LAN】
電波を使って情報をやりとりするネットワークのことです。
インターネットに無線(コードレス)で接続できるため、モデムの場所を選ぶことなく、どの部屋からもインターネットが楽しめます。

【フレッツ回線】
低額&定額&つなぎ放題を実現するISDNインターネット接続サービスのことです。
時間を気にすることなく、インターネットをすることができます

【So-netフォン】
So-netのブロードバンドコースで利用できる、インターネットを利用したIP電話サービスです。
使い方は今までの電話と同じなのに通話料がお得となり、提携プロバイダー同士なら通話料無料となります。

【So-netフォンP’】
電話機を使用したIP電話サービスのSo-netフォンと違い、So-netが提供するパソコンソフトウェアを利用した、IP電話サービスとなります。
TV電話や手ぶらトーク、高音質通話などパソコンならではの機能が盛りだくさんです。

【公衆無線LANデイリープラン】
公衆無線LANを1日単位の料金で必要な分だけ使えるサービスです。
全国の主要な駅、ホテル、カフェなどで使えるので、ちょっとした短い時間だけブロードバンドに接続したいときは手軽なものとなります。
また、公衆無線LANサービス「ホットスポットローミング」または「BBモバイルポイント」が1日単位でご利用いただけます。

【IP電話】
インターネットを利用した電話で、電話網のかわりに「IP網」を経由して音声をやりとりする電話のことです。
また、ADSLなどブロードバンドサービスを利用している人が、IP電話用の機器に電話機をつないで、 IP網経由で電話をかけるというものになり、かけた相手もIP電話サービスを利用していれば、24時間話ていても「無料」となります。

【ホットスポットローミング】
駅や飲食店など外出先に設けられた「ホットスポット」で高速なインターネットを楽しむことができる・・・と言うサービスです。
全国47都道府県ヘ約3,000アクセスポイントを展開中で、空港や駅、ホテル、カフェなどで利用できます。
最寄りのサービスエリアは、PCの他に、携帯電話やPDAからも検索できるので、移動先でもすぐにチェックができます
現在では、国内ローミングや海外、飛行機内といった世界最大級の国際ローミングサービスも提供しています。

【BBモバイルポイント】
日本テレコムが提供するプロバイダ対応の公衆無線LANサービスです。
対応プロバイダへ申し込みと、JR駅構内をはじめ空港やカフェ、ファーストフード店などBBモバイルポイントのステッカーのあるエリアにて、無線LANによる高速インターネットが利用できます。

「BIGLOBE」申込み時のわからない単語

「BIGLOBE」申込み時の分からない単語

【光ファイバー】
通信速度が下り速度/上り速度ともに最大100Mbpsの高速サービスです。
光ファイバーの速度は、下り速度の場合、ADSLに比べて約2倍~100倍、上り速度の場合、約30倍~100倍となり、写真をホームページ上に掲載したり、メールを送信するのが だんぜん速くなります
また、ADSLの場合は自宅とNTT局舎の距離が遠い程、速度が低下しますが、光ファイバーは距離に関係ありません。
ただし、利用環境、宅内配線、回線の混雑状況などにより通信速度が低下します。

【上り速度】
利用者からインターネットへの情報の発信(アップロード)する場合の速度です。

【下り速度】
利用者から情報を取得(ダウンロード)する場合の速度です。

【ADSL】
AsymmetricDigital SubscriberLine(非対称デジタル加入者回線)の略で、アナログ回線やISDN回線などに比べて高速な回線速度を提供できるサービスとなり、電話とテータ通信も同時に行なえるものとなります。
これは、電話の音声を伝えるには使わない高い周波数帯を使ってデータ通信を行なうため、電話は電話として、データ通信はデータ通信として同時に使用できることになるのです。

【アナログ回線】
アナログ信号で音声やデータを送受信する回線のことです。
一般的には電話回線、昔から使用されている「黒電話の電話回線」をイメージするとわかりやすく、全てのやり取りをデジタルデータ化して送受信するデジタル回線の一種のISDN回線と対比されて使用されます。

【ISDN】
音声やFAX、データ通信を統合して扱うデジタル通信網のことです。

【デジタル回線】
音声がデジタル信号に変換されて回線を伝わって行くという回線です。
データをデジタル信号で扱うため、音声に雑音が入らずきれいに聞こえるという利点があり、また、1 つの回線で同時に 2 回線分を使用することができるため、インターネットに接続中でも電話や FAX を使用することができます。

【IP電話】
インターネット回線を使用した電話サービスのことです。
同じIP電話同士であるなら、24時間話していても「無料」となり、そうでなくても全国一律で低料金で通話を楽しむことができるというものです。

【ADSLモデム】
コンピュータをADSL回線に接続する際に必要になる信号変換機です。
電話回線でデータ通信を行なうときに使うモデムに役割が似ていることから、 このように呼ばれるようになりました。
現在は各キャリアが自社規格に対応したADSLモデムをレンタルしており、一部のキャリアではADSLモデムの売り切りも受け付けていますが、キャリアを変更した場合や設置地点を変更した場合には、同じADSLモデムでは利用できないことがあるので注意が必要です。

【電話共有タイプ】
現在利用している電話回線をそのまま利用してインターネットに接続するタイプです。
インターネットを利用しながら同時に電話(FAX)も利用でき、現在の回線を利用するので面倒な工事は必要ありません

【回線専用タイプ】
現在利用している電話回線とは別に(もしくは持っていない場合は新規に)、インターネット専用の電話回線を設置するタイプです。
NTTの電話加入権は不要ですが、インターネット専用となるため通常の電話としては利用できません

【BIGLOBE TVフォン】
専用のIPテレビ電話端末で利用する映像つきIP電話サービスで、高速のフレッツ回線を利用して、高画質・高音質のテレビ電話通話が可能となります。
BIGLOBE TVフォン(PN)を利用して、IPテレビ電話端末同士の通話では、相手の顔を見ながら通話ができますが、通話相手がIPテレビ電話端末を使用していない場合、音声のみの通話となります。
IPテレビ電話端末同士の通話でも、自分の映像を送信しないようにすることもできます。
BIGLOBE TVフォン(PN)では、IPテレビ電話端末以外にも一般固定電話や携帯電話、PHSや国際電話にも音声通話ができますが、110や119、0120で始まる番号など、一部の電話番号には通話ができません

【BIGLOBE.TV on 4th MEDIA】 
BIGLOBE.TV on 4th MEDIAはBIGLOBEのBフレッツ接続サービスを利用している個人会員の人が、>Bフレッツ回線を利用して配信されるテレビ番組やビデオ作品を、ご家庭のテレビで楽しむことができるサービスです。

【Bフレッツ】
NTTが提供する光ファイバー回線を使用した、超高速インターネット接続をはじめとするサービスのことです。
通信速度は、利用者の利用環境、宅内配線、回線の混雑状況などにより通信速度が低下することもあります。

【お約束割】
2年間継続しての利用を約束することで、月額基本料金が標準料金よりお得になるというサービスです。
お約束割でのBIGLOBE月額利用料の合計金額は、「BIGLOBE光 with フレッツ」月額料金と同じです。

【ひかり電話】
NTT東西が提供するIP電話サービスです。 電話機や電話番号もそのまま使え、電話加入権がなくても使えます。
一般加入電話や直収電話(メタルプラスやおとくラインなど)の多くは距離によって料金が変わりますが、ひかり電話なら国内は全国一律で8.4円(税込)/3分なので、一般加入電話よりも基本料がお得です。

【回線事業者】
電話回線やISDN回線などの公衆回線を通じて、必要なときだけインターネットに接続する方式です。 
「NTT東日本/西日本」や「アッカ・ネットワークス」などが回線事業者に当たり、BIGLOBEはこれらの事業者からADSL回線や光ファイバー回線の供給を受け、お客様へサービスを提供しています。

【ダイヤルアップIP接続】
電話回線やISDN回線などの公衆回線を通じて、必要なときだけインターネットに接続する方式のことです。
BIGLOBEが用意するアクセスポイントに電話をかけて利用することになり、一般的にBIGLOBEへの接続料金の他、別途電話料金が発生します。
ダイアルアップIP接続をする場合は、モデムまたはターミナルアダプタ(ISDNの倍)と呼ばれる機器が必要となります。

【ルーター】
インターネット回線を複数のPCで利用する際に使用するネットワーク機器のことです。
OSI参照モデルでいうネットワーク層(第3層)やトランスポート層(第4層)の一部のプロトコルを解析して転送を行ない、ネットワーク層のアドレスを見て、どの経路を通して転送すべきかを判断する経路選択機能を持ちます。
また、自分の対応しているプロトコル以外のデータはすべて破棄します。

【お申し込み速度タイプ】
通信速度の単位の一つで、1秒間に何百万ビットのデータを送れるかを表す値です。
1Mbpsは100万bps(=1000kbps)で、1秒間に100万(=10の6乗)ビットのデータを送れることを表します。
8ビットで1バイトなので、1Mbpsは125kbytes/s(キロバイト毎秒)に相当し、1Mbpsを2の20乗倍の約105万bpsとする場合もありますが、大抵の場合は100万bpsの意味となります。

【マイラインプラスセット割引】
フレッツ・ADSL、フレッツ・ISDNをご利用の電話回線において、電話会社固定サービス「マイラインプラス」で「市内通話」「同一県内市外通話」の両区分をNTT西日本に登録している場合、月額利用料を10%割引するというサービスです。

【回線タイプ】
電話共用タイプと回線専用タイプがあり、電話回線を利用したインターネット接続サービスの場合選択の必要があります

【フレッツ・あっと割引】
フレッツ・光プレミアム、Bフレッツ、フレッツ・ADSLの利用者で、2年間の継続利用を条件に月額利用料を10%割引になるというサービスです。

「GyaO 光」申込み時の分からない単語

「GyaO 光」申込み時の分からない単語

【追加メール&Webサービス】
電子メールとWebスペース(20MB)がセットになったサービスを5個(基本アカウントIDを含むと6個)まで、利用できるものです。

【追加ダイヤルアップIDサービス】
出張や旅行の際、全国どこからでもひとつの電話番号にアクセスするだけで、インターネットに接続できるサービスとなります。
通話料金は全国どこからアクセスしても一律料金です。

【オンラインストレージ】
ワードやエクセルの書類データから画像、動画までどんな形式のデータも保管できます。
保管されたデータは「非公開」「公開」「パスワードによる共有」が可能です。
保管されたデータは必要な時にいつでもインターネット経由で取り出すことができます

【フォトアルバム】
インターネット上にアルバムを作成し、デジカメで撮った写真やスキャナーからの画像を簡単にまとめられます
アルバムは簡易なホームページとしても利用でき、動画のストリーミング配信も簡単に実現できます。
また、公開したアルバムのURLは付属のメール機能で友達に知らせすることができる上に、パスワードを設定して特定の方のみ閲覧可能にできるなどのさまざまな機能があります。

【Bフレッツ】
NTT東日本、NTT西日本が提供するサービスで、利用者宅まで加入者光ファイバーを引き、この光ファイバーを利用してインターネットに接続する、通信速度が最大100Mbpsのサービスの品質の保証がない通信ネットワークのサービスです。

【Webメール】
Webブラウザで利用することができるe-mailシステムです。
受信したメールの閲覧や、新規メッセージの作成・送信などをWebブラウザのみで行なうことができます。
通常のメールと違って、すべてのメッセージをサーバ側で管理するので、どこからでもメールをチェックしたり過去のメールを参照したりできる反面、サーバの負荷は通常のシステムより高くなる傾向があります。
Webメールシステムは企業向けの製品を各社が開発・販売しているほか、インターネット上でサービスとして提供している業者もあり、サービスの場合、その多くは無料で利用することができる「フリーメール」サービスとして運営されています。

【ダイヤルアップ】
電話回線やISDN回線などの公衆回線を通じて、インターネットや社内LANに接続することです。
一般家庭からインターネットに接続する場合、パソコンにモデムやターミナルアダプタなどの機器を接続し、インターネットサービスプロバイダと呼ばれる業者に公衆回線を通じてダイヤルアップして、業者の保有する専用線を使ってインターネットに接続します。

【ルーター】
ネットワーク上を流れるデータを他のネットワークに中継する機器です。
OSI参照モデルでいうネットワーク層(第3層)やトランスポート層(第4層)の一部のプロトコルを解析して転送を行ないます。
ネットワーク層のアドレスを見て、どの経路を通して転送すべきかを判断する経路選択機能を持ち、自分の対応しているプロトコル以外のデータはすべて破棄します。

【インストール】
パソコン内にソフトを取り込み、クリックだけでソフトが実行できるようにする事です。

【ワード】
手紙、論文、報告書などの洗練された文章を書くための専用ソフトです。
少し前まではワープロが使われましたが、今はパソコン上でソフトを用い、文章を作成することがほとんどです。
一般的にマイクロソフト社のWord2000やWord2002などを指し、単純な文章だけではなく、表や図の編集、その印刷など様々な機能を備えており、うまく用いれば早く正確な文章を作成することができます。

  【エクセル】
Excel(エクセル)は、Windows(基本ソフト、OS)でおなじみの米国Microsoft社が開発したアプリケーションソフト(応用ソフト)で、表計算ソフトと呼ばれるものの一つに分類されます。
表計算ソフトとは、データを入力して様々な方法で集計させたり、数式を入力して計算させることができるソフトのことです。

【ISDN】
音声やFAX、データ通信を統合して扱うデジタル通信網のことです。

【LAN】
より対線や同軸ケーブル、光ファイバーなどを使って、同じ建物の中にあるコンピュータやプリンタなどを接続し、データをやり取りするネットワークです。
接続形態によってスター型LAN、リング型LAN、バス型LANなどの種類があり、また通信制御方式によってEthernet、FDDI、Token Ringなどいくつかの種類があります。

【VDSLモデム】
マンション共用部内に設置されているVDSL機器から電話配線を利用してインターネットを利用するための利用者宅内に設置する装置です。

【GATE DISK】
インターネット上に専用保存スペースを持つことができるストレージサービスで、いつでもどこでも取り出せるデータの置き場所として活用できます。
ディスク容量は「個人ディスク」「バックアップディスク」各500MBが利用でき、バックアップディスクは「GyaO 光」網外からのアクセスはできないのが特徴です。

【Myアルバム】
インターネット上にオリジナルのアルバムを作成できます。
デジカメで撮った写真や、スキャナーからの画像を、アルバムに簡単にまとめられ、アルバムはインターネット上でホームページのように公開できます。

【GATE CALL】
従来のインターネット接続と異なり、NTT電話回線網を利用しない光ファイバー接続ならではのIP電話サービスです。
USENの光ファイバを使って音声通話を実現させた、次世代型IP電話サービスとなり、「GATE CALL」では、「ゲートターミナル」という専用端末を使います。
自宅の電話機を、同梱のケーブルでつなぐだけで通話が可能となり、クラスAというクオリティが認められたために、IP電話で初めて(03)や(045)で始まる電話番号の利用が可能になりました。

【ひかり電話】
NTT東西が提供するIP電話サービスです。
電話機や電話番号もそのまま使え、電話加入権がなくても使えます。
一般加入電話や直収電話(メタルプラスやおとくラインなど)の多くは距離によって料金が変わりますが、ひかり電話なら国内は全国一律で8.4円(税込)/3分です。

【LANケーブル】
ブロードバンドを楽しむ場合やホームネットワーク構築のために、機器(モデムやルータ)とパソコンをつなぐときに使われるのがLANケーブルです。

【光ファイバー】
次世代通信として注目を浴びている超高速通信の伝送方式です。
髪の毛よりも細いガラス繊維の透明なケーブルを使って通信する方式で、従来の電話線に使われているメタリックケーブル(銅線)の数百分の1の太さで1000倍以上の情報量を伝送することができます。
通信方法に電気信号を使わないため、漏話・電波・インパルス等のノイズ源の影響を受けません

【IPアドレス】
インターネットやイントラネットなどのIPネットワークに接続されたコンピュータ1台1台に割り振られた識別番号のことです。

【ADSL】
AsymmetricDigital SubscriberLine(非対称デジタル加入者回線)の略で、アナログ回線やISDN回線などに比べて高速な回線速度を提供できるサービスとなります。
電話の音声を伝えるのには使わない高い周波数帯を使ってデータ通信を行なうため、電話は電話として、データ通信はデータ通信として同時に使用できることになります。

【CATV】
テレビの有線放送サービスです。
山間部や人口密度の低い地域など、地上波テレビ放送の電波が届きにくい地域でもテレビの視聴を可能にするという目的で開発されました。
近年では多チャンネルや電話サービス、高速なインターネット接続サービスなどを武器に、都市部でも加入者を増やしています。
人口密度の低いアメリカでは普及率がきわめて高いものとなります。

【無線】
電線を架設しない・ワイヤレスのことです。
「無線電信」の略もあったり、「無線電話」の略もあります。

【CD-R】
データを一度だけ書き込めるCDです。
いったん書き込んだデータは消去できず、容量は通常のCDと同じ650MB(音楽74分相当)のものと、最近になって登場した700MB(音楽80分相当)の2種類があります。
CD-Rは記録面に金色や青緑色の有機色素が塗布されており、これにレーザー光を照射して色素を焦がしデータを記録します。
データ読み出しの方法は通常のCDと同じで、表面にレーザー光を照射して反射光を読み取ることでデータを再生します。
CDとCD-Rは読み取り方が一緒のため、CDドライブではCD-Rを読み取ることもでき、パソコンを使って音楽を記録したCD-RをCDラジカセで再生することもできます

「DTI」申込み時の分からない単語

「DTI」申込み時の分からない単語

【TEPCOひかり】
TEPCOひかりホームプラン/TEPCOひかりSOHOプランは、最大100Mbpsを一世帯で占有する回線です。
他社の回線の中には複数世帯で共用するタイプがありますが、同時に利用する世帯数が増えるほど一世帯あたりの通信容量が分割されるので、速度が落ちる可能性があります

【FTTH通信】
光ファイバーによる家庭向けのデータ通信サービスです。
元は、一般家庭に光ファイバーを引いて電話、インターネット、テレビなどのサービスを統合して提供する構想の名称でしたが、転じて、そのための通信サービスの総称として用いられるようになりました。

【光ファイバー】
通信速度が下り速度/上り速度ともに最大100Mbpsの高速サービスです。
光ファイバーの速度は、下り速度の場合、ADSLに比べて約2倍~100倍、上り速度の場合、約30倍~100倍となります。
写真をホームページ上に掲載したり、メールを送信するのがだんぜん速くなりますが、ADSLと違い、自宅とNTT局舎の距離が遠くても速度の変化はりません。 ただし、使用者側のご利用環境、宅内配線、回線の混雑状況により通信速度が低下します。

【ADSL】
AsymmetricDigital SubscriberLine(非対称デジタル加入者回線)の略で、アナログ回線やISDN回線などに比べて高速な回線速度を提供できるサービスとなるものです。
電話の音声を伝えるのには使わない高い周波数帯を使ってデータ通信をするので、電話は電話として、データ通信はデータ通信として同時に使用できることになります。

【DTIフォンひかり】
光ファイバーを利用した高品質なIP電話サービスです。
自宅の電話番号(「03」や「045」などで始まる今使っている電話番号)がそのまま使え、NTT基本料金がいらないのでお得です。
NTTの電話番号の休止または解約に伴い、NTT回線を利用したサービスは解約となります。

【DTIフォン-FC】
電話同士をこれまでの一般加入電話回線の替わりにインターネットで利用中のIP電話回線で結んだ電話サービスです。
最大のメリットはDTIフォン-FC、DTIフォンひかり(050番号のみ)加入者同士や提携プロバイダーのIP電話サービス加入者との通話料金が無料になるところです。

【DTIフォン-C】
電話同士をこれまでの一般加入電話回線の替わりにインターネットで利用中のIP電話回線で結んだ電話サービスです。
最大のメリットはDTIフォン加入者同士や提携プロバイダーのIP電話サービス加入者との通話料金が無料になるところです。
加入者以外へもお得な料金で電話(一部番号を除く)をかけることができます。

【IP電話】
電話をかける相手との間の通信経路を、インターネットで使用されているIPプロトコルベースで構築した電話ネットワークのことです。
同じIP電話同士なら何時間話していても無料となり、IP電話同士でなくても全国一律の料金で通話ができます

【イー・アクセス】
イー・アクセス社が提供するADSLサービスです。
ADSLの特性上、使用者のご利用機器、宅内配線、回線の混雑状況、電話局から利用場所までの距離により、通信速度が低下しますが、回線をつなぐだけで、モデムの設定をしなくても自動的に設定が終わります

【Webメール】
Webブラウザで利用できるe-mailシステムで、受信したメールの閲覧や、新規メッセージの作成・送信などをWebブラウザのみで行なえます。
通常のメールと違ってすべてのメッセージをサーバ側で管理するので、どこからでもメールをチェックしたり過去のメールを参照したりできる反面、サーバの負荷は通常のシステムより高くなる傾向があります

【CGI】
Webサーバが、Webブラウザからの要求に応じて、プログラムを起動するための仕組みです。
従来、Webサーバは蓄積してある文書をただ送出するだけででしたが、CGIを使うことによって、プログラムの処理結果に基づいて動的に文書を生成し送出することができるようになりました。
CGIはどのような開発言語でも使用できますが、実際にはPerlなどがよく使われます。(類似の技術にはSSIやASPなどがあります)

【VDSL】
VDSL(Very high-bit-rate Digital Subscriber Line)と、電話線を使って高速なデジタルデータ通信をする技術(xDSL)のひとつです。
ADSL(Asymmetric Digital Subscriber Line)と同じ非対称速度型ですが、経路の一部に光ファイバーを使います

【TEPCOひかり無線プラン】
東京電力(株)の光ファイバー(TEPCOひかり)を利用して、マンションなどの集合住宅に住んでるを対象としたインターネット接続サービスです。
光ファイバーが接続された無線基地局を電柱に設置し、自宅に設置する無線ユニット(受信アンテナ)を使って5GHz帯無線によるインターネットが利用できます

【LAN】
より対線や同軸ケーブル、光ファイバーなどを使って、同じ建物の中にあるコンピュータやプリンタなどを接続し、データをやり取りするネットワークです。
接続形態によってスター型LAN、リング型LAN、バス型LANなどの種類があり、また通信制御方式によってEthernet、FDDI、Token Ringなどいくつかの種類があります。

【無線】
電線を架設しないこと、ワイヤレスのことです。
「無線電信」の略や「無線電話」の略などがあります。

【アナログ回線】
アナログ信号で音声やデータを送受信する回線のことです。
一般的には電話回線、昔から使用されている「黒電話の電話回線」をイメージするとわかりやすく、全てのやり取りをデジタルデータ化して送受信するデジタル回線の一種のISDN回線と対比されて使用します。

【ISDN】
音声やFAX、データ通信を統合して扱うデジタル通信網のことです。

【フレッツ光】
NTTの「Bフレッツ」および「フレッツ・光プレミアム」に対応したインターネット接続サービスです。
利用をするには、NTTの「Bフレッツ」および「フレッツ・光プレミアム」を契約する必要があります。

【回線タイプ】
回線タイプには、タイプ1(アナログ電話回線、ADSL併用タイプ)とタイプ2(ADSL専用タイプ)の2種類あるので、選択してください
タイプ1は、現在利用しているアナログ電話回線(「加入電話」または「加入電話・ライトプラン」)を利用して、ADSLを電話やFAXと同時に利用する場合はこちらを選びましょう。
現在ISDN回線を利用している場合は、アナログ回線への切替工事が必要です。
タイプ2は、現在ご利用中の電話回線とは別に、ADSL専用のアナログ回線を敷設して利用する場合は、こちらを選びましょう。
NTT施設設置負担金(75,600円)は不要となり、本回線での通常の電話は利用できませんが、IP電話はご利用できます。

【光ファイバー回線引き込み箇所希望】
光ファイバー線を引く場所を指定します。
   【TEPCO光ファイバー回線引き込み希望住居階数】
集合住宅の場合の、光ファイバー線を引く階数の指定です。

「OCN」申込み時の分からない単語

「OCN」申込み時の分からない単語

【ドットフォン パーソナル】
電話をかける相手との間の通信経路を、インターネットで使用されているIPプロトコルベースで構築した電話ネットワークのことです。
途中のネットワークが通信事業者内のネットワークなのかインターネットを経由するのか、電話機を使うのかパソコンを使うのかなど、IP電話と呼ばれるサービスの中でもサービス間の違いは多いようです。
IP電話同士だと通話料は無料となり、そうでなくても全国一律の料金で電話をかけることができます

【ドットフォン パーソナル】
月額利用料金:200円/番号(税込210円/番号)です。
電話機を使わずに、パソコンに専用ソフトウェアインストールすれば、050IP電話が使えます

【ONCドットフォン】
インターネットを経由で相手先につながるので、距離に関係なく、電話代がお得です。
今使っている電話機はそのまま使え、また、かけてきた相手の発信番号を表示する機能も無料でついてきます

【ウイルスチェックサービス】
受信メールのウイルスを自動的に検知・駆除し、パソコンをウイルス感染メールから守ります。

【cocoaギガストレージ】
インターネット上の1GBのデータスペースを利用することができ、資料や写真などのファイルの保存や共有をはじめ、メールでは送れない大きなファイルの送受信も簡単に行なうことができ、セブンイレブンに設置されているマルチコピー機(デジタル複合機)からの出力も可能です。

【OCN ADSL フレッツ】
NTT東日本・NTT西日本提供の「フレッツ・ADSL」を利用してインターネットに接続するサービスです。
利用の時は、OCN ADSL「フレッツ」とは別に、NTT東日本・NTT西日本への「フレッツ・ADSL」に申し込みが必要です。

【ADSL】
AsymmetricDigital SubscriberLine(非対称デジタル加入者回線)の略で、アナログ回線やISDN回線などに比べて高速な回線速度を提供できるサービスとなります。
ADSLは電話とテータ通信も同時に行なえ、電話は電話として、データ通信はデータ通信として同時に使用できることになります

【Bフレッツ】
光ファイバーを個人宅、マンション、オフィスなどに敷設することで、高速なインターネット接続を可能にするサービスです。

【フレッツ・ADSL】
現在、家庭で利用している電話回線をそのまま利用して高速なインターネット接続を実現するサービスです。

【回線タイプ】
電話共用タイプと回線専用タイプがあり、電話回線を利用したインターネット接続サービスの場合選択の必要があります

【VDSL】
xDSLの一つで、1対の電話線を使って通信します。
ADSLと同じ非対称速度型ですが、利用者側は電話線を用意するだけで、経路の一部に光ファイバーを利用します。

【イーサネット】
Xerox社とDEC社(現在はHewlett Packard社の一部門)が考案したLAN規格です。

【光ファイバー】
通信速度が下り速度/上り速度ともに最大100Mbpsの高速サービスです。
光ファイバーの速度は、下り速度の場合、ADSLに比べて約2倍~100倍、上り速度の場合、約30倍~100倍で、写真をホームページ上に掲載したり、メールを送信するのがだんぜん速くなります。
また、ADSLの場とは違い、自宅とNTT局舎の距離が遠くても速度の変化はありません。
ただし、利用環境、宅内配線、回線の混雑状況などにより通信速度が低下します

【マイラインセット割引】
マイラインプラスの登録とOCN・電話パッケージサービス(OCNホームパック、OCNシャベリッチ)をセットにして「OCN ADSLサービス」の月々の利用料金が割り引かれるサービスです。

【OCNシャベリッチ】
OCNとセットご利用して、月々100円の定額料で利用者が選んだ2つの電話番号(県外)への通話/通信料金が24時間、平日は40%OFF、土・日・祝日は45%OFFになる割引サービスです。

【ADSL専用型】
既存の加入電話と共用せず新たにADSL回線を申し込むタイプです。

【電話共有型】
1本の電話回線で電話と同時にインターネットができるタイプです。

【メールアカウント】
メールアドレスの「@」より左の部分のことをいいます。
メールアドレスを一意に決定するものです。

【セットトップボックス】
ケーブルテレビや衛星放送、デジタル放送、IP放送(ブロードバンドVOD等)などの放送信号を受信して、一般のテレビで視聴可能に変換する装置です。

「@nifty」申込み時の分からない単語

「@nifty」申込み時の分からない単語

【光ファイバー】
通信速度が下り速度/上り速度ともに最大100Mbpsの高速サービスです。
光ファイバーの速度は、下り速度の場合、ADSLに比べて約2倍~100倍、上り速度の場合、約30倍~100倍で、写真をホームページ上に掲載したり、メールを送信するのがだんぜん速くなります。
また、ADSLの場とは違い、自宅とNTT局舎の距離が遠くても速度の変化はありません。
ただし、利用環境、宅内配線、回線の混雑状況などにより通信速度が低下します

【フレッツ・ISDN】
インターネットなどへ接続する時の通信料が定額となるサービスです。
ISDN回線を使ってインターネットにアクセスできます。

【ISDN】
音声やFAX、データ通信を統合して扱うデジタル通信網のことです。

【Bフレッツ】
光ファイバーを個人宅、マンション、オフィスなどに敷設することで、高速なインターネット接続を可能にするサービスです。

【ココログ】
日本で最初の本格的なブログサービスで、初心者向けに改造したサービスです。

【ベストエフォート型】
最大速度および接続性に関しては保証できないで、可能な場合にのみ最大限の速度・品質で提供することを前提に、安価に高速なサービスを提供する方法です。

【ひかり電話】
NTT東西が提供するIP電話サービスで、電話加入権がなくても使え、もちろん今使っている電話機や電話番号もそのまま使えます

【@niftyフォン】
@niftyのIP電話サービスです。
NTTの一般加入電話ではNTTの電話回線を使いますが、IP電話(@niftyフォン)は電話回線じゃなく、ブロードバンド回線(IP網)を使います。
NTTの電話回線を使わないので、通話料金が一般加入電話に比べて通話料が格段に安くなります

【IP電話】
電話をかける相手との間の通信経路を、インターネットで使用されているIPプロトコルベースで構築した電話ネットワークのことです。
途中のネットワークが通信事業者内のネットワークなのかインターネットを経由するのか、電話機を使うのかパソコンを使うのかなど、IP電話と呼ばれるサービスの中でもサービス間の違いは多いようです。
IP電話同士だと通話は無料となり、そうでなくても全国一律料金で通話ができます

【ADSLコース】
固定電話回線を利用して、最大50.5Mbpsの高速インターネット接続するサービスです。
全国展開しているので、パソコンを持っていれば誰もが簡単に始めることができます。

【ADSLモデム】
コンピュータをADSL回線に接続する際に必要になる信号変換機です。
電話回線でデータ通信を行なうときに使うモデムに役割が似ていることから、このように呼ばれるようになりました。
公衆回線網を通じて送られてくるADSL信号をEthernet(10BASE-T)の信号に変換したり、その逆を行ないます。
現在は各キャリアが自社規格に対応したADSLモデムをレンタルしており、また一部のキャリアではADSLモデムの売り切りも受け付けています。
しかし、キャリアを変更した場合や設置地点を変更した場合には、同じADSLモデムでは利用できないことがあるので注意が必要です。

【回線タイプ】
電話共用タイプと回線専用タイプがあり、電話回線を利用したインターネット接続サービスの場合選択の必要があります。

【無線LAN】
無線通信でデータの送受信をするLANのことです。
特に、Ethernet規格の一部である「IEEE 802.11b」規格のことを指す場合が多く、各端末には無線LANカードが必要で、「ベースステーション」と呼ばれる中継機器を経由して通信を行ないます。

【アナログ回線】
アナログ信号で音声やデータを送受信する回線のことです。
一般的には電話回線、昔から使用されている「黒電話の電話回線」をイメージするとわかりやすく、全てのやり取りをデジタルデータ化して送受信するデジタル回線の一種のISDN回線と対比されて使用されます。

【ザ・学割】
学生が月額料金を最大50%OFFで利用できるお得な割引サービスです。
対象としては、日本国内の小学校・中学校・高校・大学(短期大学を含む)・大学院・高等専門学校・盲学校・聾学校・養護学校および各種専門学校など、通学用乗車券に学生割引を適用することができる学校に在籍する学生が対象となります。

【@niftyID】
@niftyコンテンツを使用するための会員IDです。

【@niftyTV】
地上波、衛星波、ケーブルテレビに続く第4の放送波、先進のブロードバンドTVです。

【@nifty TV on 4th MEDIA対応チューナー】
テレビにつなぐだけで、専門チャンネルや、ビデオ作品の視聴が可能となり、面倒なアンテナ工事もいりません。

「ZERO」申込み時の分からない単語

「ZERO」申込み時の分からない単語

【Bフレッツ】
光ファイバーを用いたベストエフォート型の通信サービスです。
上りも下りも最大100Mbpsの超高速通信となり、映画配信、音楽配信もストレスを感じることなく接続できます。
Bフレッツを利用する時は、別にNTTへの申し込みと毎月の利用料金が必要です。

【LANカード】
回線接続用のパソコンに、100Base-TXのユーザインターフェースを設置する必要があります

【LANケーブル】
回線終端装置とLANカードをつなぐケーブルが必要です。
Bフレッツの利用するには、ストレートタイプのケーブルを利用しましょう。

【ダイヤルアップ】
電話回線やISDN回線などの公衆回線を通じてインターネットや社内LANに接続することです。
一般家庭からインターネットに接続する場合、パソコンにモデムやターミナルアダプタなどの機器を接続し、インターネットサービスプロバイダと呼ばれる業者に公衆回線を通じてダイヤルアップして、業者の保有する専用線を使ってインターネットに接続します。

【ISDN】
音声やFAX、データ通信を統合して扱うデジタル通信網のことです。

【ACCAプラン】
アッカネットワークス社のADSL回線を使用したADSLプランです。
回線速度は50M・26M・12M・10M・1.5Mと選べる5種類あり、プロバイダ料金と回線料金を一括してZEROで支払います。

【WEBメール】
Webブラウザで利用することができるe-mailシステムです。
受信したメールの閲覧や、新規メッセージの作成・送信などをWebブラウザのみで行なうことができます
通常のメールと違ってすべてのメッセージをサーバ側で管理するので、どこからでもメールをチェックしたり過去のメールを参照したりできる反面、サーバの負荷は通常のシステムより高くなる傾向があります。

【ブックマーク】
書籍の「しおり」に似たWebブラウザの機能です。
何度も訪れるWebサイトのアドレス(URL)を記録しておく機能で、マウスによる簡単な操作でWebサイトのアドレスを指定することができます。
ブラウザによって「ホットリスト」「お気に入り」と呼ばれることもあり、URLを入力したりリンクをたどっていく手間を省くことができます

【BBS】
「電子掲示板」の略です。
参加者すべてが読み書きできる電子的な掲示板サービスのことを指し、インターネット上にWebサイトの形態で提供されています。

【伝送速度】
伝送路を信号が行き来する速度もさまざまあって、一般的な10Mbps(Mega bit per second:メガビットパーセコンド、メガビーピーエスと読む)とは、0または1で表される最小単位(bit:ビット)の情報を1秒間に1000万(=10M)個伝送する速度を表しています

【回線タイプ】
電話共用タイプと回線専用タイプがあり、電話回線を利用したインターネット接続サービスの場合選択の必要があります。

【ご利用のOS】
キーボード入力や画面出力といった入出力機能やディスクやメモリの管理など、 多くのアプリケーションソフトから共通して利用される基本的な機能を提供し、コンピュータシステム全体を管理するソフトウェアです。
「基本ソフトウェア」とも呼ばれ、「ウィンドウズ」や「マッキントッシュ(マック)」などのことを指します

【アナログ】
数値を、長さ・回転角・電流などの連続的に変化する物理量で示すことです。

【Mbps】
「Mega bits per second」の略で、1秒間に何メガビットのデータを転送できるかを表しています
1メガビットは1ビットの100万倍で、「MB」や「M」と略されます。
bpsとは「bits per second」の略で、1秒間に何ビットのデータを転送できるかを表しており、ビットとは、データの大きさを表す単位となります。

「WAKWAK」申込み時の分からない単語

「WAKWAK」申込み時の分からない単語

【Bフレッツ】
光ファイバーを用いたベストエフォート型の通信サービスです。
上りも下りも最大100Mbpsの超高速通信となり、映画配信、音楽配信もストレスを感じることなく接続できます。
Bフレッツを利用する時は、別にNTTへの申し込みと毎月の利用料金が必要です。

【LAN】
より対線や同軸ケーブル、光ファイバーなどを使って、同じ建物の中にあるコンピュータやプリンタなどを接続し、データをやり取りするネットワークです。
接続形態によってスター型LAN、リング型LAN、バス型LANなどの種類があります。

【VDSL】
xDSLの一つで、1対の電話線を使って通信します。
ADSLと同じ非対称速度型で、利用者側は電話線を用意するだけでよく、経路の一部に光ファイバーを利用します。

【PAN】
ケーブルモデムから出力されたイーサネット信号をスイッチングHUBで必要な数だけ振り分けます。
振り分けられた信号は、電話の音声信号よりもはるかに高い周波数に乗せられて電話線に重畳され、各世帯へ送られ電話のモジュラージャックにイーサ信号を復調するアダプターを通してパソコンへ接続します。

【ひかり配線】
NTTビルから集合住宅までに加え、集合住宅内のユーザー宅までの配線がすべてひかりファイバーで接続されているのが特徴です。

【光ファイバー】
通信速度が下り速度/上り速度ともに最大100Mbpsの高速サービスです。
光ファイバーの速度は、下り速度の場合、ADSLに比べて約2倍~100倍、上り速度の場合、約30倍~100倍となり、写真をホームページ上に掲載したり、メールを送信するのが だんぜん速くなります

【ベストエフォート型】
サービスの品質(QoS)の保証がない通信ネットワークで、もしくは通信サービスといいます。

【ルータ】
ネットワーク上を流れるデータを他のネットワークに中継する機器です。
OSI参照モデルでいうネットワーク層(第3層)やトランスポート層(第4層)の一部のプロトコルを解析して転送を行ない、ネットワーク層のアドレスを見て、どの経路を通して転送すべきかを判断する経路選択機能を持ちます。
また、自分の対応しているプロトコル以外のデータはすべて破棄します。

【ひかり電話】
NTT東西が提供するIP電話サービスで、電話加入権がなくても使え、もちろん現在使っている電話機や電話番号もそのまま使えます。

【IP電話】
電話をかける相手との間の通信経路を、インターネットで使用されているIPプロトコルベースで構築した電話ネットワークのことです。
途中のネットワークが通信事業者内のネットワークなのかインターネットを経由するのか、電話機を使うのかパソコンを使うのかなど、IP電話と呼ばれるサービスの中でもサービス間の違いは多いようです。
IP電話同士なら通話料は無料、そうでなくても全国一律の料金で通話ができます

【ADSL】
AsymmetricDigital SubscriberLine(非対称デジタル加入者回線)の略で、アナログ回線やISDN回線などに比べて高速な回線速度を提供できるサービスです。
電話とテータ通信も同時に行なえるので、電話は電話として、データ通信はデータ通信として同時に使用できることになります。

【WAKUWAKUフォン】
050で始まるIP電話サービス「WAKWAKフォン」は、通話相手もWAKWAKフォンに契約していたり、WAKWAK提携ISPのIP電話サービスに契約していれば、 通話料金は無料になります。

【ダイヤルアップ】
電話回線やISDN回線などの公衆回線を通じてインターネットや社内LANに接続することです。
一般家庭からインターネットに接続する場合、パソコンにモデムやターミナルアダプタなどの機器を接続し、インターネットサービスプロバイダと呼ばれる業者に公衆回線を通じてダイヤルアップして、業者の保有する専用線を使ってインターネットに接続します。

【ISDN】
音声やFAX、データ通信を統合して扱うデジタル通信網のことです。

【フレッツ・ADSL接続】
NTTのADSL通信回線を利用して、高速なインターネット接続を実現するサービスです。
月々定額で利用でき、IP電話やアプリケーションサービスの利用も可能となります。

【フレッツ・ISDN接続】
NTTのISDN通信回線を利用したインターネットやその他のサービスで、定額料金で何時間でもインターネットを楽しめます。

【モバイル接続】
携帯型通信端末を利用したインターネット接続方法のこと。

【メールウィルスチェックプラス】
各種インターネット接続サービスに付随して申し込み可能な、メールについてくるウィルスを除去するサービスです。

【WAKWAKフォン】
プロバイダ「WAKWAK」が提供するIP電話サービスで、IP電話同士では無料で通話ができる上に、相手がIP電話でなくても、全国一律8円で電話をかけることができます。

「ぷらら」申込み時の分からない単語

「ぷらら」申込み時の分からない単語

【Bフレッツ】
光ファイバーを用いたベストエフォート型の通信サービスです。
上りも下りも最大100Mbpsの超高速通信となり、映画配信、音楽配信もストレスを感じることなく接続できます。
Bフレッツを利用する時は、別にNTTへの申し込みと毎月の利用料金が必要です。

【FLET'S光】
申込みやお支払いがぷららだけでできる「ぷらら光パック with フレッツ」のパックメニューと、NTT東西会社とぷららへそれぞれに申し込んで、支払いをする「ぷらら光セット」のセットメニューがあります。

【LAN】
より対線や同軸ケーブル、光ファイバーなどを使って、同じ建物の中にあるコンピュータやプリンタなどを接続し、データをやり取りするネットワークです。
接続形態によってスター型LAN、リング型LAN、バス型LANなどの種類があります。

【VDSL】
xDSLの一つで、1対の電話線を使って通信します。
ADSLと同じ非対称速度型で、利用者側は電話線を用意するだけでよく、経路の一部に光ファイバーを利用します。

【PAN】
ケーブルモデムから出力されたイーサネット信号をスイッチングHUBで必要な数だけ振り分けます。
振り分けられた信号は、電話の音声信号よりもはるかに高い周波数に乗せられて電話線に重畳され、各世帯へ送られ電話のモジュラージャックにイーサ信号を復調するアダプターを通してパソコンへ接続します。

【ひかり電話】
NTT東西が提供するIP電話サービスで、電話加入権がなくても使え、もちろん現在使っている電話機や電話番号もそのまま使えます。

【IP電話】
電話をかける相手との間の通信経路を、インターネットで使用されているIPプロトコルベースで構築した電話ネットワークのことです。
途中のネットワークが通信事業者内のネットワークなのかインターネットを経由するのか、電話機を使うのかパソコンを使うのかなど、IP電話と呼ばれるサービスの中でもサービス間の違いは多いようです。
IP電話同士なら通話料は無料、そうでなくても全国一律の料金で通話ができます

【ADSL】
AsymmetricDigital SubscriberLine(非対称デジタル加入者回線)の略で、アナログ回線やISDN回線などに比べて高速な回線速度を提供できるサービスです。
電話とテータ通信も同時に行なえるので、電話は電話として、データ通信はデータ通信として同時に使用できることになります。

【ダイヤルアップ】
電話回線やISDN回線などの公衆回線を通じてインターネットや社内LANに接続することです。
一般家庭からインターネットに接続する場合、パソコンにモデムやターミナルアダプタなどの機器を接続し、インターネットサービスプロバイダと呼ばれる業者に公衆回線を通じてダイヤルアップして、業者の保有する専用線を使ってインターネットに接続します。

【フレッツ・ADSL接続】
NTTのADSL通信回線を利用して、高速なインターネット接続を実現するサービスです。
月々定額で利用でき、IP電話やアプリケーションサービスの利用も可能となります。

【フリーチケット】
セット契約をされた場合は、「ぷらら」の提供するお好みオプションサービスのうち、フリーチケット適用サービスがフリーチケットの金額の範囲なら実質無料で利用できるお得な仕組みです。
この「フリーチケット」を使うのに特別な申込み等は必要なく、毎月の利用料金の金額から自動的に精算されます。

【メールプラス1】
メール関連の各種サービスを集めたサービスカテゴリの総称で、メールウィルスチェックサービスや複数メールサービスなどの多彩な付加サービスが利用できます。



【コミュニティプラス1】
コミュニティ関連の各種サービスを集めたサービスカテゴリの総称で、Pet PagerやPe-cha♪などの多彩な付加サービスが利用できます。

【エトセプラス1】
接続関連の各種サービスを集めたサービスカテゴリの総称で、ストレージサービス、ダイナッミックDNSを始めとする多彩なサービスが利用できます。

【プライベートホームページ】
自分専用のホームページが持てるサービスです。
容量は5MB単位で最大100MBまで拡張可能となり、自作CGIや、定型CGIが利用できます。

【Plala.TV on 4th MEDIA】
ぷららのBフレッツ/フレッツ・ADSL接続サービスを利用している個人会員の人がBフレッツ回線を利用して配信されるテレビ番組やビデオ作品を、ご家庭のテレビで楽しむことができるサービスです。

【回線タイプ】
電話共用タイプと回線専用タイプがあり、電話回線を利用したインターネット接続サービスの場合選択の必要があります。

【ADSLモデム】
コンピュータをADSL回線に接続する際に必要になる信号変換機です。
電話回線でデータ通信を行なうときに使うモデムに役割が似ているので、このように呼ばれるようになりました。
公衆回線網を通じて送られてくるADSL信号をEthernet(10BASE-T)の信号に変換したり、その逆を行ないます。
ADSLモデムとコンピュータの間はEthernet LANでつながれており、本国内ではADSLの規格は各社ごとに異なるため、現在は各キャリアが自社規格に対応したADSLモデムをレンタルしています。
一部のキャリアではADSLモデムの売り切りも受け付けていますが、キャリアを変更した場合や設置地点を変更した場合には同じADSLモデムでは利用できないことがあるので注意が必要です。

【ワイヤレスタイプ】
モデムからPCまでの通信方法のひとつで、無線による通信を実現します。 【Bフレッツ】
NTTが提供する光ファイバー回線を使用した、超高速インターネット接続をはじめとするサービスのことです。

【VDSL】
主に電話回線を利用したインターネット通信網のことです。
ADSLより早い通信速度を出すことが可能ですが、長距離のデータ通信に向いていないためあまり用いられていません。

【LAN】
モデムなどのインターネットの末端から、個人のPCまでをつなぐネットワークのことです。

【PNA】
家庭用電話回線をそのまま利用するインターネット接続方法のことです。
新たな配線工事及び配管工事はいらないのでコストは低く、電話とデータを同時に伝送する事が可能となり、混信の恐れはないものとなります。

【ワイヤレスタイプ】
モデムからPCまでの通信方法のひとつで、無線による通信を実現します。

【ぷららフォン for フレッツ】
プロバイダ「ぷらら」がフレッツサービスの一部として提供するIP電話サービスのことです。

【Plala.TV on 4th MEDIA】
プロバイダ「ぷらら」が提供する光ファイバー回線など、通信速度の大きい回線を利用したテレビプログラムサービスのことです。

tigers-net.com

「tigers-net.com」申込み時の分からない単語

【ADSL】
AsymmetricDigital SubscriberLine(非対称デジタル加入者回線)の略で、アナログ回線やISDN回線などに比べて高速な回線速度を提供できるサービスです。
電話とテータ通信も同時に行なえるので、電話は電話として、データ通信はデータ通信として同時に使用できることになります。

【ダイヤルアップ】
電話回線やISDN回線などの公衆回線を通じてインターネットや社内LANに接続することです。
一般家庭からインターネットに接続する場合、パソコンにモデムやターミナルアダプタなどの機器を接続し、インターネットサービスプロバイダと呼ばれる業者に公衆回線を通じてダイヤルアップして、業者の保有する専用線を使ってインターネットに接続します。

【ベストエフォート型】
サービスの品質(QoS)の保証がない通信ネットワークで、もしくは通信サービスといいます。
専用線接続サービスなどで使われる用語で、品質の内容はサービスやネットワークの種類によって異なりますが、①最低限保証される通信速度や、メンテナンスや故障による中断時間が最大で1年間にどれくらい発生するか、②送信したデータが確実に相手に届くかどうか、③送信したデータが決められた時間以内に相手に届くかどうか、④データに優先度をつけられるかどうか、⑤セキュリティが確保されるかどうか、・・・などがあります。

【電話回線共有型】
既存の加入電話(アナログ回線)と共用して使用するタイプです。
現在ISDNで電話回線を利用の場合は、アナログ回線への変更が必要です。

【ADSL回線専用タイプ】
既存の加入電話と共用しないで、新たにADSL回線を申し込むタイプです。

【マイラインプラス】
フレッツ・ADSL、フレッツ・ISDNをご利用の電話回線において、電話会社固定サービス「マイラインプラス」で「市内通話」「同一県内市外通話」の両区分をNTT西日本に登録している場合、月額利用料を10%割引するサービスです。

【フレッツ・あっと割引】
フレッツ・光プレミアム、Bフレッツ、フレッツ・ADSLを利用している人で、2年間の継続利用を条件に月額利用料を10%割引になるというサービスです。

【光ファイバー】
通信速度が下り速度/上り速度ともに最大100Mbpsの高速サービスです。
光ファイバーの速度は、下り速度の場合、ADSLに比べて約2倍~100倍、上り速度の場合、約30倍~100倍となり、写真をホームページ上に掲載したり、メールを送信するのが だんぜん速くなります
また、ADSLとは違い、自宅とNTT局舎の距離で速度の変化が起こることがありません。
ただし、利用者の利用環境、宅内配線、回線の混雑状況などにより通信速度が低下します。

【モバイルコース】
ウィルコム提供のPHSによるパケット通信方式の接続サービスです。

【4xパケット方式】
最大32kpbsとなる1つの波を4つ同時に束ねて通信することで、最大128kbpsで通信できるというものになります。

【フレックスチェンジ方式】
データの送受信量により、32kbpsのパケット方式と64kbpsのPIAFS回線交換方式を自動的に切り替えるものです。

【ISDN】
音声やFAX、データ通信を統合して扱うデジタル通信網のことです。

【OS】
オペレーティングシステムの略で、PCの機能全体を制御するものとなります。

【WINDOWS】
Micro Soft社が開発・販売しているオペレーティングシステムの総称です。

【Macintosh】
Apple社が開発・販売しているオペレーティングシステムの総称です。

【LANカード】
パソコンやプリンタなどを構内ネットワーク(LAN)に接続するための拡張カードです。
本体に用意された拡張スロットに挿入して使用し、「NIC」「LANボード」「ネットワークカード」などとも呼ばれます。

【LAN環境】
PCにLAN端子がタイプ、もしくはLAN端子がなくLANカードなど端子機器を装着するタイプの2種類があります。

「@TCOM」申込み時の分からない単語

「@TCOM」申込み時の分からない単語

【ADSL】
AsymmetricDigital SubscriberLine(非対称デジタル加入者回線)の略で、アナログ回線やISDN回線などに比べて高速な回線速度を提供できるサービスです。
電話とテータ通信も同時に行なえるので、電話は電話として、データ通信はデータ通信として同時に使用できることになります。

【光ファイバー】
通信速度が下り速度/上り速度ともに最大100Mbpsの高速サービスです。
光ファイバーの速度は、下り速度の場合、ADSLに比べて約2倍~100倍、上り速度の場合、約30倍~100倍となり、写真をホームページ上に掲載したり、メールを送信するのが だんぜん速くなります
また、ADSLとは違い、自宅とNTT局舎の距離で速度の変化が起こることがありません。
ただし、利用者の利用環境、宅内配線、回線の混雑状況などにより通信速度が低下します。

【IP電話】
電話をかける相手との間の通信経路を、インターネットで使用されているIPプロトコルベースで構築した電話ネットワークのことです。途中のネットワークが通信事業者内のネットワークなのかインターネットを経由するのか、電話機を使うのかパソコンを使うのかなど、IP電話と呼ばれるサービスの中でもサービス間の違いは多いようです。
IP電話同士だと通話料が無料となり、そうでなくても、全国一律の料金で通話ができます

【TT-PHONE(NC)】
NTTコミュニケーションズのIP電話網を使った@T COM(アットティーコム)のIP電話です。
IP電話では、電話回線の全部または一部をインターネット網を使って、音声をデータに変えて通話を行います
電話回線の代わりにインターネット網を使った部分の通話料はかからないので、無料通話や割安の電話料金が実現できます。

【回線終端装置】
異なる伝送媒体(例えば光ファイバーと銅線ケーブル)を接続し、信号を相互に変換する装置です。
銅線を流れてきた信号を光ファイバーに変換して、Ethernetを数10キロにわたって長距離伝送する製品などがあります。

【VDSL】
xDSLの一つで、1対の電話線を使って通信します。
ADSLと同じ非対称速度型で、利用者側は電話線を用意するだけでいいのですが、経路の一部に光ファイバーを利用します

【LANカード/LANボード】
パソコンやプリンタなどを構内ネットワーク(LAN)に接続するための拡張カードです。
本体に用意された拡張スロットに挿入して使用し、「NIC」「LANボード」「ネットワークカード」などとも呼ばれます。

【LANケーブル】
ネットワーク環境を構築するために機器間(パソコンやモデムなど)を接続するために必要な接続ケーブルです。

【ISDN】
音声やFAX、データ通信を統合して扱うデジタル通信網のことです。

【ADSL接続サービス】
電話回線を利用した高速・常時接続インターネット接続サービスです。

【無線LAN】
無線通信でデータの送受信をするLANのことです。
各端末には無線LANカードが必要で、「ベースステーション」と呼ばれる中継機器を経由して通信を行ないます。
レイアウト変更が多いオフィスではLANケーブルの引き直しの度に多くの時間と 費用が費やされますが、無線LANではこのような問題は生じません。

【電話共有タイプ】
電話回線を一般加入電話(NTTの固定電話)とADSLで共用するタイプです。
インターネットと同時に一般加入電話も利用でき、自宅に敷設してある電話回線を利用するので、大掛かりな工事は必要ありません

【ADSL専用タイプ】
ADSL専用の回線を新設してADSLをご利用するタイプです。
ADSL専用の回線となりますので電話加入権を用意する必要はありませんが、一般加入電話は利用できません(IP電話は利用できます)。

【A&B割】
AIR-EDGEの月額利用料金が15%オフになります。

【@T COM(アットティーコム) Spot 】
各地に点在するNTTコミュニケーションズ株式会社の提供する無線接続サービスで、「ホットスポット」のアクセスポイントに接続しブロードバンドインターネットを利用するサービスです。

【サブドメイン】
マークから右の文字列で「@」とはじめの「.」で囲まれた部分@のことで、ある程度のユーザーグループごとに決定されます。

例えば、メインアカウントが「×××.com」でサブドメインが「marumaru」であった場合、URLは、「marumaru.×××.com」になります。
サブドメインは、特に企業が各商品や部署の管轄を分けるために利用しているものです。

【TEPCOひかり】
東京電力の提供する、非階ファイバ回線を利用した超高速インターネット接続サービスのことです。

「hi-ho」申込み時の分からない単語

「hi-ho」申込み時の分からない単語

【Bフレッツ】
光ファイバーを用いたベストエフォート型の通信サービスです。
上りも下りも最大100Mbpsの超高速通信となり、映画配信、音楽配信もストレスを感じることなく接続できます。
Bフレッツを利用する時は、別にNTTへの申し込みと毎月の利用料金が必要です。

【hi-hoでんわ】
hi-hoのIP電話を使うと電話代が安くなるサービスです。
同じタイプの利用同士は通話無料で、日本国内どこでも、8.4円/3分です。
持っている電話機がそのまま使え、hi-hoでんわには、通話可能な提携先が豊富なhi-hoでんわ-Cと、月額料金が無料のhi-hoでんわ-Fがあります

【ルーター】
ネットワーク上を流れるデータを他のネットワークに中継する機器です。
OSI参照モデルでいうネットワーク層(第3層)やトランスポート層(第4層)の一部のプロトコルを解析して転送を行ないます。
ネットワーク層のアドレスを見て、どの経路を通して転送すべきかを判断する経路選択機能を持ち、自分の対応しているプロトコル以外のデータはすべて破棄します。

【IP電話】
電話をかける相手との間の通信経路を、インターネットで使用されているIPプロトコルベースで構築した電話ネットワークのことです。途中のネットワークが通信事業者内のネットワークなのかインターネットを経由するのか、電話機を使うのかパソコンを使うのかなど、IP電話と呼ばれるサービスの中でもサービス間の違いは多いようです。
IP電話同士だと通話料が無料となり、そうでなくても、全国一律の料金で通話ができます

【hi-ho.TV on 4th MEDIA】
ハイホーのBフレッツ接続サービスを利用している個人会員の人が、Bフレッツ回線を利用して、配信されるテレビ番組やビデオ作品をご家庭のテレビで楽しむことができるサービスです。

【光ーTEPCOコース】
東京電力提供の「TEPCOひかり」サービスを利用してhi-hoへ接続し、インターネットを利用できるサービスです。

【VDSL】
xDSLの一つで、1対の電話線を使って通信します。
ADSLと同じ非対称速度型で、利用者側は電話線を用意するだけでいいのですが、経路の一部に光ファイバーを利用します

【アクセスコミュファ】
中部テレコミュニケーション提供の「アクセスコミュファ」サービスを利用してhi-hoへ接続し、インターネットが利用できるサービスです。
このコースの利用には、事前に中部テレコミュニケーション「アクセスコミュファ」サービスの申し込みが必要です。

【LANケーブル】
ネットワーク環境を構築するために機器間(パソコンやモデムなど)を接続するために必要な接続ケーブルです。

【ダイヤルアップ】
電話回線やISDN回線などの公衆回線を通じてインターネットや社内LANに接続することです。
一般家庭からインターネットに接続する場合、パソコンにモデムやターミナルアダプタなどの機器を接続し、インターネットサービスプロバイダと呼ばれる業者に公衆回線を通じてダイヤルアップして、業者の保有する専用線を使ってインターネットに接続します。

【電話共有タイプ】
電話回線を一般加入電話(NTTの固定電話)とADSLで共用するタイプです。
インターネットと同時に一般加入電話も利用でき、自宅に敷設してある電話回線を利用するので、大掛かりな工事は必要ありません

【ADSL専用タイプ】
ADSL専用の回線を新設してADSLをご利用するタイプです。
ADSL専用の回線となりますので電話加入権を用意する必要はありませんが、 一般加入電話は利用できません(IP電話は利用できます)。

【モデム】
「変復調装置」の略です。
コンピュータから送られてくるデジタルデータを音声信号に変換して電話回線に流したり、電話回線を通じて聞こえてくる音声信号をデジタルデータに変換したりします

【IPアドレス】
インターネットやイントラネットなどのIPネットワークに接続されたコンピュータ1台1台に割り振られた識別番号です。
現在広く普及しているIPv4では、8ビットずつ4つに区切られた32ビットの数値が使われていて、「210.145.108.18」などのように、0から255までの10進数の数字を4つ並べて表現します。
インターネット上ではこの数値に重複があってはいけないので、割り当てなどの管理は各国のNICが行っています。
単なる数値の羅列であるIPアドレスはこのままでは人間にとっては覚えにくいので、 コンピュータに名前(ドメイン名)がつけられている場合もあって、DNSというシステムによってIPアドレスとの相互変換が可能となっています。

【アナログ回線】
アナログ回線とはアナログ信号で音声やデータを送受信する回線のことです。
一般的には電話回線、昔から使用されている「黒電話の電話回線」をイメージするとわかりやすく、全てのやり取りをデジタルデータ化して送受信するデジタル回線の一種のISDN回線と対比されて使用されます。

「TikiTiki」申込み時の分からない単語

「TikiTiki」申込み時の分からない単語

【Bフレッツ】
光ファイバーを用いたベストエフォート型の通信サービスです。
上りも下りも最大100Mbpsの超高速通信となり、映画配信、音楽配信もストレスを感じることなく接続できます。
Bフレッツを利用する時は、別にNTTへの申し込みと毎月の利用料金が必要です。

【TikiTikiフォン】
ブローバンドユーザーのための、お得なIP電話サービスで、IP電話専用の「050」番号を使うと、TikiTikiフォン契約者どうしならどれだけ話しても通話料は無料で、遠くにお住まいのご家族やお友達と一緒に加入すればお得です。
OCN、nifty、So-netなど同じIP電話システムを採用している提携プロバイダIP電話サービス利用者との通話も無料になります。

【IP電話】
電話をかける相手との間の通信経路を、インターネットで使用されているIPプロトコルベースで構築した電話ネットワークのことです。途中のネットワークが通信事業者内のネットワークなのかインターネットを経由するのか、電話機を使うのかパソコンを使うのかなど、IP電話と呼ばれるサービスの中でもサービス間の違いは多いようです。
IP電話同士だと通話料は無料となり、そうでなくても全国一律の値段で通話でできます

【固定IP】
プロバイダからいつも同じ番号が割り当てられるIPアドレスのことです。

【ADSL】
AsymmetricDigital SubscriberLine(非対称デジタル加入者回線)の略で、アナログ回線やISDN回線などに比べて高速な回線速度を提供できるサービスです。
ADSLは電話とテータ通信も同時に行なえ、電話は電話として、データ通信はデータ通信として同時に使用できることになります。

【ISDN】
音声やFAX、データ通信を統合して扱うデジタル通信網のことです。

【回線タイプ】
電話共用タイプと回線専用タイプがあり、電話回線を利用したインターネット接続サービスの場合選択の必要があります。

【LANカード】
回線接続用のパソコンに、100Base-TXのユーザインターフェースを設置する必要があり、最近市販されているパソコンの場合、購入時に既に設置している場合があります。

【アナログ】
数値を、長さ・回転角・電流などの連続的に変化する物理量で示すことです。

【ダイヤルアップ接続】
インターネットへご自宅や会社、携帯電話などから電話回線を経由して接続するものです。

【ひかり電話】
ひかり電話は、NTT東西が提供するIP電話サービスです。
電話加入権がなくても使え、もちろん、現在使っている電話機や電話番号もそのまま使えます

【電話機アダプタ】
IP電話を利用するために必要な機器です。

【ルーター】
ネットワーク上を流れるデータを他のネットワークに中継する機器です。
OSI参照モデルでいうネットワーク層(第3層)やトランスポート層(第4層)の一部のプロトコルを解析して転送を行ないます。
ネットワーク層のアドレスを見て、どの経路を通して転送すべきかを判断する経路選択機能を持ち、自分の対応しているプロトコル以外のデータはすべて破棄します。

「interQ MEMBERS」申込み時の分からない単語

「interQ MEMBERS」申込み時の分からない単語

【IP電話】
電話をかける相手との間の通信経路を、インターネットで使用されているIPプロトコルベースで構築した電話ネットワークのことです。途中のネットワークが通信事業者内のネットワークなのかインターネットを経由するのか、電話機を使うのかパソコンを使うのかなど、IP電話と呼ばれるサービスの中でもサービス間の違いは多いようです。
IP電話同士だと通話料は無料となり、そうでなくても全国一律の値段で通話でできます

【ルータタイプ】
ルーターはインターネット上に流れるデータを取得し、端末に流します
モデムとの違いはデータの変換を行わないことですが、最近ではモデムとルーター両者の特徴を併せ持った、ルーター内蔵型モデムなどが一般的になってきています。

【アダプタタイプ】
NTTが提供するダイヤルアップ方式によるインターネット接続方式です。

【フレッツADSL】
NTTが提供するADSL形式による、インターネット接続サービスのことです。
回線速度は1~50M程度から選択可能で、常時接続の高速インターネット接続が可能となります。
ただし、月額料金は回線速度に応じて高くなってしまいます。

【モア】
インターネットと個人の端末をつなぐ機器であるルーターの機種名です。
ルーターによって通信速度が変化するもので、例えばモアには「モアⅢ」、「モアⅡ」、「モア」などの機種がありそれぞれの通信速度は47、20、12Mbpsとなります。

「AOL」申込み時の分からない単語

「AOL」申込み時の分からない単語

【ADSL】
AsymmetricDigital SubscriberLine(非対称デジタル加入者回線)の略で、アナログ回線やISDN回線などに比べて高速な回線速度を提供できるサービスです。
ADSLは電話とテータ通信も同時に行なえ、電話は電話として、データ通信はデータ通信として同時に使用できることになります。

【モデム】
「変復調装置」の略です。
コンピュータから送られてくるデジタルデータを音声信号に変換して電話回線に流したり、電話回線を通じて聞こえてくる音声信号をデジタルデータに変換したりします

【無線LAN】
無線通信でデータの送受信をするLANのことです。
各端末には無線LANカードが必要で、「ベースステーション」と呼ばれる中継機器を経由して通信を行ないます。
レイアウト変更が多いオフィスではLANケーブルの引き直しの度に多くの時間と 費用が費やされますが、無線LANではこのような問題は生じません。

【送受信ウィルスチェック】
Eメールの送受信時に、ウィルスプログラムが入っていないかチェックすること、もしくはチェックするサービスをさします。

【AOLインスタント・メッセンジャー(AIM)】
プロバイダ「AOL」が提供するリアルタイム文字会話プログラムのことをさします。
現在ではリアルタイムな文字の送受信だけでなく、音声や映像の送受信も可能になっています。

【ベストエフォート型】
サービスの品質(QoS)の保証がない通信ネットワークで、もしくは通信サービスといいます。
専用線接続サービスなどで使われる用語で、品質の内容はサービスやネットワークの種類によって異なりますが、①最低限保証される通信速度や、メンテナンスや故障による中断時間が最大で1年間にどれくらい発生するか、②送信したデータが確実に相手に届くかどうか、③送信したデータが決められた時間以内に相手に届くかどうか、④データに優先度をつけられるかどうか、⑤セキュリティが確保されるかどうか、・・・などがあります。

「GMO BBplus」申込み時の分からない単語

「GMO BBplus」申込み時の分からない単語

【フレッツADSL】
NTTが提供するADSL方式によるインターネット接続サービスの総称です。
メニューは回線速度別に分かれており、回線速度が速いほど月額利用料は高額になり、回線速度は最大で50Mbps程度です。

【フレッツISDN】
NTTが提供するISDN方式によるインターネット接続サービスの総称です。
2回線同時使用が可能で、電話とインターネット接続を同時に実現します。
回線速度は、従来のアナログ回線接続より速いデジタル回線接続を利用しています。
常時接続、且つ中速のインターネット接続環境を提供します。

【ダイヤルアップ接続】
電話回線やISDN回線などの公衆回線を通じてインターネットや社内LANに接続することです。
一般家庭からインターネットに接続する場合、パソコンにモデムやターミナルアダプタなどの機器を接続し、インターネットサービスプロバイダと呼ばれる業者に公衆回線を通じてダイヤルアップして、業者の保有する専用線を使ってインターネットに接続します。

【モバイル接続】
携帯やPHSなどの携帯通信端末による接続方式です。
データ量にしたがって課金される方式や使い放題など様々な料金体系があります。
携帯端末は通常の携帯電話やPHSの他、データ通信を行うためだけのカード型のものがあり、また最近では携帯端末そのものにデータを表示する機能が充実しているため、モバイルという言葉と携帯端末が同意になりつつあります。

【AIR-EDGE】
WILLCOM社が提供する携帯端末のことで、カード型でPC端末の横などにあるスロットに差し込んで使用します。
そのものに通話機能はなく、データ通信のみ実行が可能となります。

【@FreeD】
docomo社が提供する携帯端末のことで、 カード型でPC端末の横などにあるスロットに差し込んで使用します。
そのものに通話機能はなく、データ通信のみ実行が可能となります。

【モデム】
「変復調装置」の略です。
コンピュータから送られてくるデジタルデータを音声信号に変換して電話回線に流したり、電話回線を通じて聞こえてくる音声信号をデジタルデータに変換したりします

「JR サイバーステーション」申込み時の分からない単語

「JR サイバーステーション」申込み時の分からない単語

【フレッツADSL】
NTTが提供するADSL方式によるインターネット接続サービスの総称です。
メニューは回線速度別に分かれており、回線速度が速いほど月額利用料は高額になり、回線速度は最大で50Mbps程度です。

【アッカADSL】
アッカが提供するADSL方式によるインターネット接続サービスの総称です。
メニューは回線速度別に分かれており、回線速度が速いほど月額利用料は高額になります。

【Bフレッツ】
光ファイバーを用いたベストエフォート型の通信サービスです。
上りも下りも最大100Mbpsの超高速通信となり、映画配信、音楽配信もストレスを感じることなく接続できます。
Bフレッツを利用する時は、別にNTTへの申し込みと毎月の利用料金が必要です。

【フレッツISDN】
NTTが提供するISDN方式によるインターネット接続サービスの総称です。
2回線同時使用が可能で、電話とインターネット接続を同時に実現します。
回線速度は、従来のアナログ回線接続より速いデジタル回線接続を利用しています。
常時接続、且つ中速のインターネット接続環境を提供します。

【ダイヤルアップ接続】
電話回線やISDN回線などの公衆回線を通じてインターネットや社内LANに接続することです。
一般家庭からインターネットに接続する場合、パソコンにモデムやターミナルアダプタなどの機器を接続し、インターネットサービスプロバイダと呼ばれる業者に公衆回線を通じてダイヤルアップして、業者の保有する専用線を使ってインターネットに接続します。

【モア】
インターネットと個人の端末をつなぐ機器であるルーターの機種名のことで、ルーターによって通信速度が変化します。
例えばモアには「モアⅢ」、「モアⅡ」、「モア」などの機種があり、それぞれの通信速度は47、20、12Mbpsとなります。

【メールウィルスチェックサービス】
ウィルスつきのメールを受信、もしくは送信した場合、サービスの利用者に通知を行い、ウィルスを序供するサービスです。
万が一、自分が感染していても、メールの送付先に届く前にウィルスを除去するので感染の拡大を防ぐことが可能です。

【アクセスカウンタ】
ホームページなどの閲覧者数を計数するソフトウェアの総称です。

【チャット】
主にインターネットを介した文字による、リアルタイムのコミュニケーションのことをさします。
チャットを行うには、専用のウェブページを利用するか、専用ソフトウェアをインストールする必要があります。
最近ではブロードバンドの発達により映像や音声も送受信できるソフトウェアが出ています。

【ホスティングサービス】
インターネットの住所であるURLを契約者に付与し、そのURLに紐づく情報をインターネット上で閲覧可能にするサービスです。
個人でホームページを開いたりする場合に小サービスを利用します。

【URL】
インターネットにおける情報の「住所」を示します
例えば検索エンジンの代表各「Google japan」のURLはhttp://www.google.co.jp/です。
URLをインターネット閲覧ソフトに入力することによってページなどの情報が閲覧できます。

「BB.excite」申込み時の分からない単語

「BB.excite」申込み時の分からない単語

【サービスタイプ】
BB.exciteが設定しているサービスの種類のことです。
NTTが提供する光ファイバによる超高速インターネット接続サービス、Bフレッツ、フレッツ及びADSLの中から選択が可能です。

【フレッツオプションサービス】
NTTが提供しているインターネット接続サービス、フレッツ、Bフレッツに付随して選択可能なサービスのことです。
各サービスにはインターネット利用料以外に別途料金が発生します。

【無線LAN】
無線通信でデータの送受信をするLANのことです。
各端末には無線LANカードが必要で、「ベースステーション」と呼ばれる中継機器を経由して通信を行ないます。
レイアウト変更が多いオフィスではLANケーブルの引き直しの度に多くの時間と 費用が費やされますが、無線LANではこのような問題は生じません。

【フレッツスポット】
NTTが提供する外出先で無線LAN接続によるインターネットが利用できるサービスのことです。
自宅Bフレッツ環境と組み合わせることで、自宅のAV環境を外出先で利用することが可能となります。
駅、ホテル、レストランなどで利用可能な場所があります。

【Mフレッツメイト】
NTTが提供する外出先で無線LAN接続によるインターネットが利用できるサービスのことです。
自宅のフレッツ環境が外出先で利用できるようになり、利用できる範囲はMフレッツホストとして登録されている、レストラン、ホテルや駅などになります。

【フレッツコネクト】
NTTが提供する高速インターネット接続サービス、フレッツの利用者同士が映像や音声などを利用したコミュニケーションを可能にするサービスのことです。
映像、音声によるコミュニケーションが快適になるだけでなく、ファイルの転送なども行えます。

【フレッツコミュニケーション】
NTTが提供する高速インターネット接続サービス、フレッツの付随サービスのひとつです。
フレッツサービス利用者同士による映像、音声によるコミュニケーション、ファイル転送、映像、音声の留守番電話化、その他多彩なコンテンツが利用できます。

【フレッツ・セーフティ】
NTTが提供する高速インターネット接続サービス、フレッツの付随サービスのひとつです。
ウィルスメール、不正アクセスの監視、セキュリティ状態の自動更新を実現します。
またインストールが不要なため、パソコンに負担がかかりにくいという特徴があります。

【IPv6アプリ】
IPv6という最先端アドレス技術を使用したテレビプログラムの提供などのサービスの総称です。

【フレッツ・ドットネット】
NTTがフレッツサービスに付随して提供している、サービスのひとつです。
IPv6というアドレス技術を使用することによって、個々の端末を直接結びつけることが可能となります。
例えば友人の端末までメールアドレスを使用せずに直接映像を送付することが可能です。

【フレッツ・v6アプリ】
NTTがフレッツサービスに付随して提供している、サービスのひとつです。
IPv6というアドレス技術を使用することによって、高いセキュリティ機能や快速なテレビ機能などを提供します。

【オンデマンドTV】
インターネットに接続することで、いつでも見たい番組をインターネット上から検索し視聴できるサービスです。
セットトップボックスをテレビに接続することで、インターネットの映像をテレビで視聴が可能となります。

【スカパー!光】
スカイパーフェクトテレビが提供するサービスのひとつです。
今まで視聴するためには専用アンテナが必要だったスカイパーフェクトTVのほぼ全てのプログラムを、光ファイバーを通すことによって視聴可能になります。

【ひかり電話】
ひかり電話は、NTT東西が提供するIP電話サービスです。
電話加入権がなくても使え、もちろん、現在使っている電話機や電話番号もそのまま使えます

【共用】
ADSL方式のインターネット接続で、電話回線とインターネット回線を一本の通信線で共用することをさします。

【専用】
ADSL方式のインターネット接続で、電話回線とインターネット回線を別々にし、ADSL専用に通信線を引くことをさします。

「isao.net」申込み時の分からない単語

「isao.net」申込み時の分からない単語

【光ファイバー】
通信速度が下り速度/上り速度ともに最大100Mbpsの高速サービスです。
光ファイバーの速度は、下り速度の場合、ADSLに比べて約2倍~100倍、上り速度の場合、約30倍~100倍で、写真をホームページ上に掲載したり、メールを送信するのがだんぜん速くなります。
また、ADSLの場とは違い、自宅とNTT局舎の距離が遠くても速度の変化はありません。
ただし、利用環境、宅内配線、回線の混雑状況などにより通信速度が低下します

【Bフレッツ】
光ファイバーを用いたベストエフォート型の通信サービスです。
上りも下りも最大100Mbpsの超高速通信となり、映画配信、音楽配信もストレスを感じることなく接続できます。
Bフレッツを利用する時は、別にNTTへの申し込みと毎月の利用料金が必要です。

【ひかり電話】
ひかり電話は、NTT東西が提供するIP電話サービスです。
電話加入権がなくても使え、もちろん、現在使っている電話機や電話番号もそのまま使えます

【アナログ回線】
アナログ回線とはアナログ信号で音声やデータを送受信する回線のことです。
一般的には電話回線、昔から使用されている「黒電話の電話回線」をイメージするとわかりやすく、全てのやり取りをデジタルデータ化して送受信するデジタル回線の一種のISDN回線と対比されて使用されます。 【ISDN】
音声やFAX、データ通信を統合して扱うデジタル通信網のことです。

【ADSL】
AsymmetricDigital SubscriberLine(非対称デジタル加入者回線)の略で、アナログ回線やISDN回線などに比べて高速な回線速度を提供できるサービスです。
電話とテータ通信も同時に行なえるので、電話は電話として、データ通信はデータ通信として同時に使用できることになります。

【アップロード】
ネットワークを通じて、クライアントコンピュータに保存されているデータをサーバコンピュータに転送することです。
逆をダウンロードといいます。

【LAN】
より対線や同軸ケーブル、光ファイバーなどを使って、同じ建物の中にあるコンピュータやプリンタなどを接続しデータをやり取りするネットワークです。
接続形態によってスター型LAN、リング型LAN、バス型LANなどの種類があります。

【IP電話】
電話をかける相手との間の通信経路を、インターネットで使用されているIPプロトコルベースで構築した電話ネットワークのことです。途中のネットワークが通信事業者内のネットワークなのかインターネットを経由するのか、電話機を使うのかパソコンを使うのかなど、IP電話と呼ばれるサービスの中でもサービス間の違いは多いようです。
IP電話同士だと通話料が無料となり、そうでなくても、全国一律の料金で通話ができます

【eAccess ADSL】
イー・アクセスは、ADSL事業者として対応プロバイダを通じて利用者にADSL回線を提供する形態をとっています。
利用者がisao.netのADSLサービスを利用するには、対応プロバイダ各社のADSLメニュー(イー・アクセスコース)に加入することが必要です。

【isao IPフォン】
一般の電話機を使ってIP電話サービスをご利用いただけるサービスで、isao.netでフレッツADSL、BフレッツまたはイーアクセスADSLを利用しているのであれば申込み可能となります。
NTTコミュニケーションズのIP網を利用しているため、同サービスを利用している他プロバイダのユーザーとも無料通話が可能です。

【INSネット64】
NTTが提供しているISDN回線のサービスのことです。
通信速度がアナログ回線よりはやい、1回線で2回線分の利用が可能などのメリットがあります。

【ADSLモデム】
インターネットと、個人などのクライアントPCを接続する役割を担う通信機器です。
ISDN、ADSL、光、通信方法の違いに従い、それぞれのモデムが用意されています。
ADSLモデムとはその中でも特にADSL接続用の機器であり、代表にはNTTが使用している「モア」などが上げられます。

【無線LAN】
無線通信でデータの送受信をするLANのことです。
各端末には無線LANカードが必要で、「ベースステーション」と呼ばれる中継機器を経由して通信を行ないます。
レイアウト変更が多いオフィスではLANケーブルの引き直しの度に多くの時間と 費用が費やされますが、無線LANではこのような問題は生じません。

【追加メールサービス】
利用料金は1メールアドレス105円/月(税込)で、最大20個までメールアドレスを追加することができます
@の前は4~20文字、サブドメインは5種類(air、sky、fly、sea、sun)から選ぶことが可能です。

【メールウィルスチェックサービス】
利用者が送受信するメールの添付ファイルがウィルスに感染していないかをチェックをするサービスです。
万一ウィルスが発見された場合でもサーバ側で削除するため、より安全に電子メールを利用することができます。
ウィルスチェックサービスは、毎月の自動継続利用の他、30日間の期限付きでの利用も可能です。

【回線タイプ】 回線タイプには、タイプ1(アナログ電話回線、ADSL併用タイプ)とタイプ2(ADSL専用タイプ)の2種類あり、どちらかを選択します。

【拡張カード】
コンピュータの機能を拡張するための半導体基板にコネクタがついたカードのことです。
「拡張ボード」とも呼ばれます。

【メールアカウント】
メールサーバにアクセスするための使用権のことです。
そのメールサーバ上でメールアドレスを取得したユーザに与えられる権限であるので、通常はメールアドレスと一対一に対応します。
メールアカウントを与えたユーザに対しては、一対のユーザIDとパスワードを割り当て、メールサーバ上に受信メールを保存するためのメールボックスを用意するので、そのサーバ上でメールの送受信ができるようになります。

【サーバー】
  コンピュータネットワークにおいて、クライアントコンピュータに対し、自身の持っている機能やデータを提供するコンピュータのことです。
インターネットにおけるWWWサーバなどが該当します。

【デジタル回線】
音声がデジタル信号に変換されて回線を伝わって行きます
データをデジタル信号で扱うため、音声に雑音が入らずきれいに聞こえるという利点があり、 また、1 つの回線で同時に 2 回線分を使用することができるため、パソコンでインターネットに接続中でも電話や FAX を使用することができます

【メタルケーブル】
既存の電話回線のことです。

【伝送速度】
伝送路を信号が行き来する速度もさまざまあり、一般的な10Mbps(Mega bit per second:メガビットパーセコンド、メガビーピーエスと読む)とは、0または1で表される最小単位(bit:ビット)の情報を1秒間に1000万(=10M)個伝送する速度を表しています

【LANケーブル】
ブロードバンドを楽しむ場合やホームネットワーク構築のために、機器(モデムやルータ)とパソコンをつなぐときに使われるものです。

【ダイヤルアップルータ】
公衆回線網を使ってインターネットサービスプロバイダにアクセスする機能と、LANに接続する機能をあわせ持った機器です。
LANに接続されたコンピュータからインターネットへの接続要求があると自動的に接続し、通信が終わると自動的に切断します。
複数のコンピュータを、特別な設定をすることなく同時にインターネットに接続させることができます

「Highway Internet」申込み時の分からない単語

「Highway Internet」申込み時の分からない単語

【Bフレッツ】
光ファイバーを用いたベストエフォート型の通信サービスです。
上りも下りも最大100Mbpsの超高速通信となり、映画配信、音楽配信もストレスを感じることなく接続できます。
Bフレッツを利用する時は、別にNTTへの申し込みと毎月の利用料金が必要です。

【ウィルスチェックサービス】
利用者が送受信するメールの添付ファイルがウィルスに感染していないかをチェックをするサービスです。
万一ウィルスが発見された場合でもサーバ側で削除するため、より安全に電子メールを利用することができます。
【モデム】
「変復調装置」の略です。
コンピュータから送られてくるデジタルデータを音声信号に変換して電話回線に流したり、電話回線を通じて聞こえてくる音声信号をデジタルデータに変換したりします

【ISDN】
音声やFAX、データ通信を統合して扱うデジタル通信網のことです。

【ADSL】
AsymmetricDigital SubscriberLine(非対称デジタル加入者回線)の略で、アナログ回線やISDN回線などに比べて高速な回線速度を提供できるサービスです。
ADSLは電話とテータ通信も同時に行なえ、電話は電話として、データ通信はデータ通信として同時に使用できることになります。

「SANNET」申込み時の分からない単語

「SANNET」申込み時の分からない単語

【フレッツ・ADSL】
NTTが提供するADSL形式による、インターネット接続サービスのことです。
回線速度は1~50M程度から選択可能で、常時接続の高速インターネット接続が可能です。
月額料金は回線速度に応じて高くなります。

【モバイル接続】
携帯電話、PHSなど携帯通信機器を利用した、インターネット接続のことです。
各通信会社が使い放題などのサービスを提供しています。

【ブロードバンドコース】
SANNETが提供するインターネット接続サービスのひとつのことです。
集合住宅向けに設定されており、一戸建て住宅向けのサービスより基本料金が割安に設定されています。

【フルタイムコース】
SANNETが提供するインターネット接続サービスのひとつのことです。
集合住宅、一戸建て両方向けのサービスが設定されており、ダイアルアップ接続やモバイル接続が無制限に使用可能という特徴があります。
また、料金設定では学生向けに学割が用意されています。

【Bフレッツ:マンションタイプ】
NTTが提供する超高速インターネット接続サービスのひとつのことです。
集合住宅向けに設定されており、戸建ようのサービスより月額利用料が割安です。
集合住宅の規模に応じて6契約、8契約、16契約のタイプがあります。

【フレッツ・ISDN】
NTTが提供するISDN形式のインターネット接続サービスのことです。
回線速度はADSL形式に比べると遅いが、料金額低額でつなぎ放題を実現しています。

【アッカネットワークスADSL】
アッカネットワークスが提供するADSL形式によるインターネット接続サービスのことです。
世界最速のADSL接続である50Mbps超の回線速度を実現するサービスから低速ながら低料金なサービスまで取り揃えています。

【ダイヤルアップアクセスポイント】
電話をかけることによって接続するダイヤルアップ形式のインターネット接続の場合に、電話をかけるポイントのことをアクセスポイントといいます。
アクセスポイントはインターネットに接続されており、クライアントはインターネットに接続することが可能となります。

【フレッツ・スポット】
NTTの提供するフレッツスポットサービス契約者が無線LAN接続可能なエリアのことをフレッツ・スポットといいます。
現在NTT東・西日本のサービス範囲にある駅周辺やホテル、飲食店がエリアになっています。

【Mフレッツメイト】
NTTが提供する、外出先で利用可能な無線LAN接続サービスまたその利用者のことをさします。
接続可能な範囲や場所のことをフレッツ・スポットと呼び、フレッツ・スポットを提供している契約者や店舗をMフレッツホストと呼びます。

【SANNETフォン】
ブローバンドユーザーのための、お得なIP電話サービスで、IP電話専用の「050」番号を使うと、SANNETフォン契約者どうしならどれだけ話しても通話料は無料cとなります。
またそうでなくても全国一律の料金で電話をかけることができます。

【家族メールサービス】
家族全員で別々のプロバイダメールアドレスを利用できるサービスのことです。
最大既存の1アドレスに加え、5アドレスの追加が可能となり、ドメインだけでなくサブドメインまで指定可能です。

【サブドメイン名】
メールアドレスの「@」より左側をドメイン、直右から次の「.」までをサブドメインと呼びます。
サブドメインはユーザーの数が多くなりすぎる場合に、階層を作り管理できるという点で有効です。

【メールウイルス スキャンサービス】
メールを受信する際に、ウィルスが添付されていないかを判別するサービスです。
ウィルス含まれていた場合は、警告メッセージを表示したり、メール自体が届かないようします。

【PCネットセキュリティーサービス】
インターネット利用に際するウィルス感染から利用者のPCを守るサービスです。
また、ウィルスに感染し待ったPCから検出・駆除する機能も併せ持ちます。

【TULIE倶楽部】
プロバイダ「SANNET」のインターネット接続サービス利用者だけではなく、サービスを利用してない人でも、TULIE倶楽部の会員になることによって、各種サービスを利用することが可能になります。
インターネット接続サービスを利用していないTULIE会員は外部会員と呼ばれます。

【Webフィルタリングサービス】
小学生などのお子様のインターネット利用の際に、有害だと思われるサイトをはじめから設定しておき、閲覧不可能にするサービスです。

【無線LANカード】
パソコンやプリンタなどを構内ネットワーク(LAN)に接続するための拡張カードです。
本体に用意された拡張スロットに挿入して使用し、「NIC」「LANボード」「ネットワークカード」などとも呼ばれます。
最近のPCでは無線LAN機器が内臓されているものもあります。



   元カスタマーサービス担当勤続3年「maru」のインターネットプロバイダ比較のTOPへ
 
住宅ローン