あ行

元カスタマーサービス担当勤続3年「maru」のインターネットプロバイダ比較WEBお問合せフォーム

あ行」の目次です


 宅内工事はめんどくさい。
 ADSLで比較するなら
 断然早い
 光サービスで比較するなら
 テレビも一緒に楽しみたい!
 ケーブルから選ぶなら
 みんなはどこを選んでるの?
 人気ランキングで選ぶなら
 電話が繋がらないのは困る
 サポート充実なプロバイダは
 何よりも早さを追求!
 回線速度で選ぶなら
 オトクなところがイイ!
 お得な料金で選ぶなら
 独占配信映像が観たい!
 コンテンツで選ぶなら
 今からじゃ心配
 高齢者の方は
 親切丁寧に対応
 ネット初心者のアナタは
 電話加入権がない・・・
 なくても大丈夫!
 ウィルスって何?
 セキュリティで比較
 とにかく安い方がいい!
 最安を選ぶ

アーカイブ

アーカイブとは、複数のファイルをまとめて一つのファイルにすることをいいます。

インターネット上でファイルをアップロードしたり、ダウンロードしたりする場合、複数のファイルを一つ一つ行っていては効率が悪く時間もかかってしまうので、関連するファイルは一つにまとめてしまいます

そのとき、複数のファイルを必要とするものは、「アーカイバ」というプログラムを使って一つにまとめ、「アーカイブファイル」にします

アカウント

サーバーやプロバイダに接続する際など、コンピュータに接続するためには接続する資格が必要となりますが、アカウントとは、このコンピュータに接続するための資格のことをいいます。

ネットワーク上のコンピュータにアカウントを設定すると、ユーザIDとパスワードが登録されることになり、アカウントを持っている=登録されているユーザ名とパスワードを使ってネットワークを利用することができる・・・ということになります。

インターネットを接続するためには、接続アカウントと接続パスワードが必要だったり、電子メールの送受信を行う際には、メールアカウントとメールパスワードが必要となりますよね?

プロバイダと契約するとアカウント、ユーザID、パスワード、電子メールサービス用のメールアカウントとメールパスワードが与えられますので、それを利用するようにしましょう。

「アカウント名」、「ユーザ名」、「ログイン名」、「ユーザID」などと呼ばれているものがありますが、これらは全てアカウントに名前を付けたものとなります。

アクセス

アクセスとは、ネットワークやサーバー、コンピュータに接続することをいいます。

インターネットを利用するときは、モデムと電話回線を介してプロバイダのアクセスポイントとホストコンピュータに接続し、プロバイダのWWWサーバーに接続してWebページを見たり、メールサーバーに接続してメールを送ったり受け取ったりすることになりますが、このときにする接続を、アクセスと言います

「ホームページにアクセスする」・・・というカンジですかね。

アクセスカウンタ

アクセスカウンタとは、ホームページに何人訪れたかを数えるメーターのことをいいます。

よくホームページのトップページに「あなたは何番目のお客様です。」「あなたは何人目の訪問者です。」・・・といったようなものを見かけませんか?

そう、コレがアクセスカウンタなのです。

ホームページにアクセスカウンタを組み込むには、CGIやSSIを使わなければならないのですが、無料で提供してくれるプロバイダもありますので、自分のホームページにアクセスカウンタをつけたい!という人は確認しましょう。

アクセスポイント

アクセスポイントとは、インターネットやパソコン通信に接続するためにプロバイダが用意している接続先電話番号のことをいいます。

アナログ回線やISDN回線などの公衆回線を使ってインターネットへ接続するためには、まずプロバイダが用意するアクセスポイントへ接続しなければなりません

そうすることにより、ホームページを見たり、メールを送受信したりすることができるのです。

市内料金でかけられるアクセスポイントが望ましいといわれますが、これは、アクセスポイントに接続すると、アクセスポイントまでの電話の通話料金がかかるためです。

市外料金での接続なってしまうと、それなりの電話料金がかかってしまうことになってしまいます。

混み合っているとつながりにくくなってしまうので、ポート(接続)数が多く、使用率が低いアクセスポイントの方が繋がり易くなることを覚えておくといいでしょう。

アップロード

アップロードとは、パソコンにあるファイルやデータなどをサーバーやホストコンピュータ(ネットワークの中心的な役割を担っている大型コンピューターのこと)に転送することをいいます。

作成したホームページのHTMLファイルを、プロバイダなどのサーバーにFTP転送する時や、ファイルをホストコンピュータに転送して置いておく時などに「ファイルをアップロードする」というように呼ばれます。(アップするとも言われます)

暗号化

暗号化とは、情報自体を第三者に読み取られないようにする仕掛けのことをいいます。

インターネットを介した情報の転送を安全に行うためには、悪意のある第三者に情報を盗聴(ハッキグ)されないように、情報自体をある一定の規則で組み替えて読み取れないような仕掛けをしておく・・・というものです。

情報自体を暗号化して送信すれば、安心です。

ただ、パソコンに詳しい人間が解読する可能性はあるので、「完全なる防御」というのはできないようですが・・・。

暗号化された情報を受け取ったら、データを元に戻す必要がありますが。これを「複合化」と言います。

インターネット

インターネットとは、世界中にある多数のコンピュータネットワークが互いに結ばれ、相互接続された世界最大規模のコンピュータネットワークの総称であり、個々のネットワークを相互に接続した世界的通信網のことをいいます。

インターネットは、ホームページの閲覧や電子メールなどが気軽に利用でき、なおかつ情報収集に大きな活躍を見せるので、現在ではなくてはならない存在になっています。

ただし、インターネットは、企業や組織によって運営・管理されているものではありません

もともとはARPANETという、国営防総省の一部門、高等研究計画局が軍事研究を目的に1969年に構築したネットワークでしたが、軍以外にも国防関連の研究をしている大学や企業へ解放され、それが次第に一般にも広がっていった・・・というのが流れになっています。

インターネットエクスプローラ

インターネットエクスプローラとは、Microsoft社のWebブラウザのことです。(WWWブラウザとも言われている)

Microsoft社と聞くと、共同創業者である「ビル・ゲイツ氏」を思い出します。
彼は御年42歳とのこと。
それでいて地位も名誉もあるなんて、スッゴイですよね(感動)

・・・とまあ、余談はさておき、インターネットエクスプローラは、Web上の情報への移動やアクセス、ブラウズを行うためのツールになります。

インターネットエクスプローラのツールバーには、ブラウザシステムを操作するためのさまざまな機能やコマンドがありますが、ツールバーの下にあるアドレス バーには、現在の Web ページ アドレスが表示され、新規のWebページを表示させたいときには、このバーの白い欄にページのURLを直接入力すると表示させたいところのWebページを表示させることができるという仕組みになっています。

ウィルス

ウィルスとは、電子メールなどを通じてコンピュータに侵入して、データを破壊したり異常な動作を起こしたりするプログラムのことをいいます。

簡単にいうと、コンピューターがこのウイルスに感染してしまうと、人間のように調子が悪くなってしまう・・・というものです。

ウィルスの例をあげると、実行すると花火の画像が表示され、データを破壊したり異常な動作を引き起こし、電子メールソフトのアドレス帳を使って複製を自動的に送信してしまうものや、以前話題になりましたが「I LOVE YOU」といった、ついつい開いてしまいたくなるような件名が付けられたもので、同じように自動的にアドレス帳に登録してある相手にファイルを添付して送信し、被害を広げてしまうものなどがあります。

こうしたウィルスの感染を防ぐための対処法は、知らない人から届いたメールに添付ファイルがあった場合、開かずに削除することです。

ウィルスの中には、メールソフトに登録してあるアドレス帳を使って複製を自動的に送信するものがありますので、知っている人から電子メールでも、相手が意図せずに送信されたものである可能性があるので注意が必要となります。

添付ファイルを開かなければ、ウィルスに感染することはありませんので、この添付ファイルを開く行動は慎重に行うことが大事でしょう。

また、ウィルスからパソコンを防御するワクチンソフトなどをインストールして、ウィルスをチェックしたり駆除したりすることも効果的な防御法となるでしょう。

ただ、ウィルスは日々新しいものが増加していく性質のものなので、アップデートは頻繁に行うことを忘れずに!

もしもウィルスに感染してしまった場合など、「ヤバイかも・・・」と思った場合には、ウイルスチェックソフト等を実行してウィルスの検知を行うか、ウィルスの情報を取り扱う窓口まで相談しましょう。 →情報処理振興事業協会(IPA) コンピュータセキュリティ対策ホームページの詳細

絵文字

絵文字とは、文字だけで作られたイラストのことをいいます。

等幅フォントに設定されているメーラーやブラウザで閲覧すると、まるでイラストのように見えるので「絵文字」と呼ばれているのです。

今では、若者から年配の方までこの絵文字を使ってネットライフを楽しんでいます♪

絵文字の例を少しご紹介したいと思います。

おはよう ・・・ ヾ(@⌒ー⌒@)ノ
照れる ・・・ (〃⌒ー⌒〃)
ごめんなさい ・・・ m(_ _)m


・・・というようなカンジです。

ね?とってもかわいいと思いませんか?

オンラインサインアップ

オンラインとは、通信回線などによって、人手を介さずに情報を転送できる状態のことをいい、オンラインサインアップとは、パソコンと電話回線を使ってオンラインでプロバイダに入会の申し込みをすることをいいます。

オンラインサインアップによる入会申し込み方法は、電話回線を使ってオンラインサインアップを行う専用の番号に接続し、名前や住所、クレジットカード番号や必要事項を指示に従って入力する・・・というものです。

手続き後、契約したプロバイダをすぐに利用できるという利点があるのでとても便利なものとなります。

その後契約書が送られてきますので、必要事項を明記し返送すれば、正式に登録が終了します。



   元カスタマーサービス担当勤続3年「maru」のインターネットプロバイダ比較のTOPへ
 
住宅ローン