プロバイダをよく知ろう!

元カスタマーサービス担当勤続3年「maru」のインターネットプロバイダ比較WEBお問合せフォーム

プロバイダをよく知ろう!」の目次です


 宅内工事はめんどくさい。
 ADSLで比較するなら
 断然早い
 光サービスで比較するなら
 テレビも一緒に楽しみたい!
 ケーブルから選ぶなら
 みんなはどこを選んでるの?
 人気ランキングで選ぶなら
 電話が繋がらないのは困る
 サポート充実なプロバイダは
 何よりも早さを追求!
 回線速度で選ぶなら
 オトクなところがイイ!
 お得な料金で選ぶなら
 独占配信映像が観たい!
 コンテンツで選ぶなら
 今からじゃ心配
 高齢者の方は
 親切丁寧に対応
 ネット初心者のアナタは
 電話加入権がない・・・
 なくても大丈夫!
 ウィルスって何?
 セキュリティで比較
 とにかく安い方がいい!
 最安を選ぶ

プロバイダとは

インターネットというのは、今の時代必要不可欠なものとなっています。

一昔前は、懸賞の応募をはじめ、ほとんどが「電話」や「ハガキ」というのが主流だったでしょう。
しかし、今では、ハガキを買いに行く時間も省くことができ、なおかつ人と話すことが苦手な人は、パソコンがあれば誰と話すこともなくいろんな応募もできるようになりました。

また、それ以上にインターネットというのは「情報収集」に威力を発揮します。

ただ、そんな便利なインターネットでも、まず最初にプロバイダと契約しなければなりませんが、「プロバイダ」というのは、インターネットに接続するサービスを提供してくれる会社のことで、正式には「インターネット・サービス・プロバイダ」といいます。

あまりインターネットが知られていなかった昔は、プロバイダ自体も数が少なかったので、選ぶにもそこまで悩むことがなかったのですが、現在では全国に数百以上ものプロバイダがあるため、自分に合ったプロバイダを選ぶのはなかなか大変なこととなっています。

このプロバイダ選びを失敗すると、快適なネットライフを送ることはまずできません

本来はパソコンを買った時点でインターネットに接続できる状態になっていればいいのですが、そうじゃないんですよね(苦笑)

ではココで、インターネットとプロバイダの関係(?)についてお話したいと思います。

インターネットにつなぐためには、プロバイダのコンピュータを使わせてもらう必要があります

それは、プロバイダのコンピュータは、二十四時間インターネットに接続された状態に設定してあるため、自分のパソコンがプロバイダのコンピュータとつながれば、インターネットに接続する・・・というシステムになっているのです。

プロバイダのコンピュータにつなぐ方法は、普通は端末ダイアルアップといわれている「電話回線」を使います

プロバイダが電話の接続地点(アクセスポイントっていうんですよ)を用意してくれているので、そこに電話をかけてつなぐのです

意味がわからない?

そうですよね。maruもプロバイダ会社に入社したころは、この「ダイアルアップ」だの「ADSL回線」だの「光」だのを覚える必要があって、すごく苦労しました(涙)

しかも次々新しいプランや技術などが取り込まれたり、カスタマーサービス担当だったので、利用者からの質問などに明確に答える必要があったため、必ず覚えなければいけない内容ばかりでいつも頭の中は飽和状態だったのを今でもよ~く覚えています(笑)

インターネットには二つの料金が必要となるのですが、それは、一つはプロバイダに支払う接続料金で(プロバイダのコンピュータの使用料みたいなもん)、もう一つがアクセスポイントまでの電話代となり、電話会社に支払うものとなります。(NTT基本料金と請求書には書いてあると思います)

プロバイダを選ぶときのポイント

プロバイダを選ぶといっても、なかなか容易ではありません。
深く考えずに決めてしまっては、あとに後悔するどころか、快適なネットライフとは無縁の状況に陥ってしまうことでしょう。

人にはそれぞれの「目的」や「用途」によって、自分に合ったプロバイダを選ぶことが重要です。

そのためには、以下のようなポイントに注意して考えると選びやすくなるのではないでしょうか?

①プロバイダ事業を運営する会社が信頼できるところかどうか
②自分の住んでいる地域の近くにアクセスポイント(電話の接続地点)があるか
③料金体系が自分のインターネット・ライフに合っていること
④ プロバイダの回線の種類や速度が、自分のパソコン環境と一致しており、接続状態も良好かどうか
⑤サポートや個人ホームページサービスなど、付加的なサービスが充実しているかどうか

アクセスポイントは重要!

電話接続地点であるアクセスポイントはとても重要なものになってきます。
このアクセスポイントは、できるだけ市内通話料金でかけられる場所にアクセスポイントを設置しているプロバイダを選ぶようにすることがコツです。
なぜなら、プロバイダの接続料金がいくら安くても、電話代が高くなってしまっては意味がないですからね。。。 アクセスポイントを中心に考える場合、地域に密着したプロバイダを選ぶのも賢いやり方です。 自分の市内局番にアクセスポイントがあると電話料金が安くすみ、独自に地元情報を提供してくれるところも多いので、地元にあるプロバイダを利用する人も増加傾向にあります。 また、多くの地域にアクセスポイントのあるプロバイダは、大手メーカーや電話会社の運営するものが多いため、料金も手ごろで信頼性もバツグンなのでオススメでしょう。

料金体制

プロバイダに限らず、お金が1円でもかかる問題は注視しなければならないでしょう。

インターネットは、電話回線に接続してつなげるので電話代がかかります
それにプロバイダ料が必要となりますので、真剣に検討するようにしましょう。

料金形態には、「定額制」「従量制」「定額制 + 従量制」「その他」と4つのタイプがあります。

定額制 ・・・ 月々(あるいは一年)一定の料金を払えば、使い放題というものです。この場合電話代は別にかかるので要注意!

従量制 ・・・ 1分いくら…というような、つないだ分料金を払うシステムです。インターネットをたまにしか利用しない場合や、主にメールしかやらない人にはピッタリです。

定額+従量制 ・・・ 一定の時間までは同じ料金で、それを超えると1分いくらで費用がかかる形態。

その他 ・・・ 専用の接続機械と工事が必要なものとなりますが、ケーブルテレビや大手プロバイダがやっている接続サービスで、一定の料金を払えば、電話代もかからずつなぎっぱなしにできるというシステムです。通信速度も速かったり、24時間つなぎっぱなしでも超過料金がかからないので、インターネットをよく利用する人にはかなりオススメとなるものです。

ホームページを作りたいなら

今までホームページというと、法人などの企業が作っているものという考えが主流だったと思います。

しかし、近年では、個人でも自分のホームページを作ったり、ブログを活用している人が増えてきました

もちろんホームページやブログは、インターネットが接続されていないと作ることはできないし、見ることもできません

もし、アナタがホームページを作って情報を発信したいというならば、プロバイダ選びの基準もHPのサービスを重視したほうがいいということになります。

ホームページをつくるには、「何メガバイトまでOKかどうか」・・・がまず問題になります

情報豊かなホームページや、写真や音声などを多く使用する場合ならば、それなりの「容量」というものが必要になってくるのです。

また、パソコン上級者になってくると、さまざまなコンテンツも増やしたくなってくるものなので、カウンターや掲示板、チャットなどCGIやSSIというものが必要になってくるHPの作成を考えるならば、それを許可してくれるプロバイダでないといけなくなります。

また、ホームページといのは要領を掴むまでは作成が難しいものとなりますので、サポートをどこまでしてくれるかというのも視野にいれて考えなければなりません

もし、インターネットを使って商売をしたいと考えている場合は、ホームページというのは顧客集めや宣伝に大きな役割をもってくるものとなるのですが、こういう場合は、商用利用を認めてくれるプロバイダを利用する必要があります

プロバイダによっては有料だったり、禁止だったりする場合があるので、きちんと確認しておきましょう。

バックボーン&回線数

プロバイダがどういう回線でインターネットにつながっているかということを「バックボーン」といいます

インターネットは別に「日本のみのホームページしか見れない」というわけではないので、海外のホームページを見ることだってあるでしょう。

もしアナタが海外のホームページを見た場合、細い回線で下位のほうにつながっているところだったならば、表示速度がとても遅くなり、いつまでもそのホームページが開かれなかったりすることもあります。

そのため、料金がいくら安いところであっても、表示速度が遅い場合にはかえって電話代がかかってしまい、費用が高くなってしまう・・・というケースがあるのです。

通常、プロバイダのホームページにはどのぐらいのバックボーンでインターネットにつながっているかの表示がされているはずなので、この表示にもチェックをしておく必要があります。

また、回線数も重要な要素となってくるでしょう。

1回線あたり何人の会員がいるかによって、インターネットにつなごうとしたときに話し中かどうかが決まってきます。

「ゴールデンタイム」と呼ばれる時間帯(特に電話代の安くなる深夜11時以降)は、話し中が多くなってしまうので、インターネットにつながらないプロバイダもでてきます

プロバイダによっては1回線何人の会員がいるか公表しているところや、現在の混み具合をホームページに公開しているところもありますので、こういうところも確認しておいたほうがいいでしょう。



   元カスタマーサービス担当勤続3年「maru」のインターネットプロバイダ比較のTOPへ
 
住宅ローン